You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Fairytale of New York』THE POGUES クリスマスをアイリッシュのしらべに乗せて。。。

pogues2.png


昨日の朝、めざましTVを観ていたら、早くもクリスマスに向けて、どこどこのイルミネーションの点火式が行われたとかどうとっかっていうのをやっていましてね、もうそんな時期か~、と。。。

毎年クリスマスの時期が近づくと、私の携帯の着歌はひっそりと、あるクリスマスソングへ差し替えられるんです。今年もその時期がやってきました。それはマライアでも稲垣純一でも山下達郎でもありません。もちろんキックザカンクルーでもありませんよ。

その曲とはTHE POGUESの『Fairytale of New York』(邦題:ニューヨークの夢)という曲です。この曲がとにかくこの季節には良すぎるんです。。。




Fairytale of New York

It was Christmas Eve babe
In the drunk tank
An old man said to me, won't see another one
And then he sang a song
The Rare Old Mountain Dew
I turned my face away
And dreamed about you

Got on a lucky one
Came in eighteen to one
I've got a feeling
This year's for me and you
So happy Christmas
I love you baby
I can see a better time
When all our dreams come true

They've got cars big as bars
They've got rivers of gold
But the wind goes right through you
It's no place for the old
When you first took my hand
On a cold Christmas Eve
You promised me
Broadway was waiting for me

You were handsome
You were pretty
Queen of New York City
When the band finished playing
They howled out for more
Sinatra was swinging,
All the drunks they were singing
We kissed on a corner
Then danced through the night

The boys of the NYPD choir
Were singing "Galway Bay"
And the bells were ringing out
For Christmas day

You're a bum
You're a punk
You're an old slut on junk
Lying there almost dead on a drip in that bed
You scumbag, you maggot
You cheap lousy faggot
Happy Christmas your arse
I pray God it's our last

I could have been someone
Well so could anyone
You took my dreams from me
When I first found you
I kept them with me babe
I put them with my own
Can't make it all alone
I've built my dreams around you



あれはクリスマス・イヴの夜だったな
酔っぱらい達の吹きだまりで
老人が俺に言ったんだ「もう一人はどうした?」と
老人は"The Rare Old Mountain Dew"を
歌を歌い始める
俺は顔を背けて
君を思った

大穴を当てたんだ!
18倍だよ!
今年は俺たちの年だって気がした
だからハッピークリスマス
おまえを愛してるよ
俺たちの夢を叶えるためには
辛いときもあるかもしれないけど

奴らはバーのサイズの車を持ってる
金の川も持っている
でも風が私を吹き抜ける時
老いぼれにはどこにも行き場所はない
あの凍えるクリスマス・イヴの夜
初めて私の手を取って、あなたは約束してくれた
ブロードウェイが私を待っていると

あなたはハンサムだった
お前は可愛かった
ニューヨークの女王様
バンドが演奏を終えると
アンコールの嵐
フランク・シナトラが歌い
酔っぱらいたちも皆歌う
片隅でキスをして
夜どうし踊ったね

ニューヨーク市警のコーラス隊が
"Galway Bay"を歌っていた
クリスマスの鐘が鳴り響く

お前は飲んだくれ
あんたはちんぴら
お前はゴミの上のあばずれ
酒浸りで死んだ様にベッドに横たわる
あんたは小汚い負け犬、ウジ虫
あんたはケチでろくでもない奴だ
ハッピークリスマスをあんたのケツに
神様への最後の祈りよ

俺には他の選択肢があったかも
そうね、あんたは誰かになれたかも
私があんたを見つけた時に
私から夢を奪ったのよ

俺はお前の夢を大事に持っている
俺の夢と一緒に 俺一人じゃ無理なんだ
おまえの周りにしか俺の夢は築けないんだ



THE POGUESは82年に結成されたアイルランドの8人組みのバンドです。アイリッシュの民族音楽と、ロック、パンクをごちゃまぜにしたトラッドミュージックをかき鳴らす独自の音楽。それにギネスとPUBがよく似合う酔いどれ集団といえるような男臭さがなんとも言えない味わいを醸し出す、非常に味のあるバンドです。

私自身にとっても最も思い入れのある好きなバンドのうちの1つです。

この人たちから影響を受けたミュージシャンも数知れず、GREENDAYのビリーも最も影響を受けたアルバムとして、この『Fairytale of New York』が入っている『If I Should Fall from Grace with God』を挙げておりました。

If I Should Fall from Grace with GodIf I Should Fall from Grace with God
(2004/12/25)
The Pogues

商品詳細を見る


ちなみのこのアルバムはPOGUESの中では3rdアルバムにあたりますが、一般的には最も優れたオリジナルアルバムとの呼び声が高く、初めて買うならこのアルバムとよく言われているので、気になる人にはお勧めです。

そのほかにもPOGUESの後継と言えるようなアイリッシュとトラッドと更にPUNKの色合いを強めたDropkick MurphysやFLOGGING MOLLYなどの数々のフォローワーも生み出しています。またあのTHE CLASHのJoe Strummerもヘルプで加入していたことがあります。

ボーカルのシェインが一時期アル中でバンド活動できる状況になく脱退していたこともあるため、90年代後半から2000年初めまで目立った活動を行っていたなかったのですが、2005年に再結成、FUJIROCKにも出演し、2006年にも再来日して単独公演や朝霧JAMにも出演しました。ちなみに私自身はいずれも仕事の関係で泣く泣く行けず、悶絶する想いで見送りました。今だかってPOGUESを生では見ていません。どうもボーカルのシェインが体調的に不安なので、できるだけ活動しているうちに一度だけでもみておきたいのですが…。

そして話しは戻って、この『Fairytale of New York』です。そこらへんの普通のクリスマスソングとは一味違った曲で、明るく浮かれたような曲とも違うし、かといって達郎的な切なく悲しい曲とも違う、なんともいえない着飾らない人間臭さがある味わい深い曲なんですこれが。

日本ではあまりなじみのない曲ではありますが、海外では2005年に英国人が選ぶクリスマスソング人気ランキングで1位に輝くなど、この季節には欠かせない曲として結構親しまれているようです。

ボーカルのシェインに加え、この曲のみ女性ボーカリストを招いてデュエットのスタイルをとっており、歌詞を見ていただくと年老いた夫婦のかけあいのような歌詞になっています。おそらくこれは想像ですがアイルランドからニューヨークに移民していった夫婦の物語でないかと思っています。アイルランドは土地がやせていることもあり、アメリカの東側、特にボストンやニューヨークなどの大都市に移民して、そこで夢をかなえようとする人々が多くいたようです。POGUESの曲にはよくアイルランド移民についての歌詞がよくでてきます。

1番の歌詞は自分たちが若かったころの夢に溢れていたクリスマスの頃の思い出を歌っている、とてもキラキラした歌詞です。ですが2番になると年老いた現在に時は移って、のっけからお互いを罵倒するような辛辣な言葉が並べられています。見るに堪えないような言葉をお互い相手に浴びせかけていくのでなかなかビビりますが、逆に1番の夢に溢れたキラキラした歌詞とのコントラストが鮮明になっていてクリスマスソングでありながらも非常にPUNKを感じさせてくれる部分です!このところにPOGUESの持ち味というか、姿勢、たち振る舞いがそのまま表れているように思います。

そして、ラストに奥さんは「あなた(夫)に出会って、私の若いころの夢を奪われた」と男に向かって言ってしまうのです。しかし、ここで男は

「おれはまだお前の夢を持ち続けている 俺はひとりじゃやっていけないんだ お前が必要なんだ」と最後の最後に素直な本音をさらけ出して歌うのです。

この一節に、これまで若かった頃から新しい土地で長きにわたって幾多の苦難を乗り越え、2人にしかわかならいであろう泣き笑いを経た本物の夫婦の絆のようなものが凝縮されていて、クリスマスの夜へ、その想いが溶け込んでいくような感動的なラストを迎えるのです。。。

どうですか?この歌詞に現れている物語とその想いを想像しながら聴いてみるとなんだか泣けてきません?ほろ苦い、とはまさにこのこと。

また歌詞だけでなく、アイリッシュ音楽の独特のバンジョーなどの民族楽器の調べがとても気持ちよくメロディも親しみやすい曲で音楽的にも聴きどころが満載です。

個人的にはアウトロの部分にかすかに聴こえるバンジョーの調べが、若い頃の夢にあふれた想いがいつまでも続くようにというような思いが込められているような、クリスマスの夜空に吸い込まれるようなイメージを想起させてくれて、すごく好きです。

あとピアノとストリングスから始まる冒頭のパートから一気に明るい心躍るようなアイリッシュのメロディが流れ込んでくる中盤の展開の部分もすごく希望にあふれている感覚があって、ここだけでメシ何杯でもいけるというぐらいの濃厚な魅力を感じます。

男女のデュエットの掛け合いのスタイルをとっていて日本の昔の歌謡曲を想像させつつ、でも臭くなりすぎない絶妙なバランス感覚がたまりません。

この季節に、もっともっとたくさんの人にぜひ聴いてもらいたいと感じずにはいられない、素晴らしい名曲クリスマスソングだと思うんですよね!ぜひおためしあれ!

POGUESの他アルバム↓比較的最近に出たベスト盤
アルティメイト・ベストアルティメイト・ベスト
(2005/05/25)
ザ・ポーグスカースティ・マッコール

商品詳細を見る


Joe Strummerがプロデュースした4th↓
ヘルズ・ディッチヘルズ・ディッチ
(2008/01/23)
ザ・ポーグス

商品詳細を見る


男臭さ満点のジャケが魅力の2nd↓
Peace and LovePeace and Love
(2004/12/25)
The Pogues

商品詳細を見る


クリスマス曲関連エントリー

『Happy Xmas (War Is Over)』Hi-STANDARD 全てを超越した世界に。想いをこめてメリークリスマス!

『Jingle Bells』 ブライアンセッツァー・オーケストラ 渋ゴージャスなクリスマスソングはいかが?!
スポンサーサイト

COMMENT

一度聞いてみたいと思います。
ポチしておきます!

2008.11.19| URL| TMGR #- [編集]

TMGRさん初めまして!
コメント&ポチ有難うございます。
ぜひぜひ一度聴いてみてください!

2008.11.20| URL| tomo‐papa #- [編集]

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。