You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球の底力!!!!

皆さん昨日の野球、伝統の巨人阪神戦の大一番、観ましたか?

私は見てません!(キッパリ!)

いや別に野球嫌いだとかそんなんじゃなくて、むしろ好きなんですが…。だって私、永遠のクロマティファンですから。最近じゃラミレスも相当にかっこいいと思い始めてきています。。

今日仕事帰りに、いつも通ってる道のほんと小さな電気屋さんに、ものすごい人だかりができておりまして、なんだなんだ?と思ってみてみると、でっかいAQUOSに流されている野球の試合をみんなで観てるわけです!2、30人はいたかな?会社帰りのおっさんから女の人まで。。

そりゃセ・リーグが今年は何年かに1度の超デットヒートで盛り上がってるのはよく知ってるけど、こんな光景を見るのはWBCで優勝した時の準決勝と決勝以来だなーと思いまして。

私の実感としては、数年前まであれだけドル箱だった日テレの巨人戦ナイターもめっきりやらなくなったし、東京ドームの観客席にも空きが目立つようになったし、世間一般的にも野球って相当人気のほうは低下してきているなーという感覚でしたが…。

何年か前にも球団合併問題とか、ファンの声を完全無視したオーナー至上主義が問題になったけど、そんな古い体質とか、明らかに不均衡な戦力構成とか、あとメジャーに実績のある選手が行くことによる空洞化とか、そんなんで私の野球に対する興味もだんだんと薄れてきて正直初めから野球の試合を観ることもなくなりました。。。でも今日あの光景をみてまだまだ野球は死んでない!というのを実感しました。

そして私は「野球は日本の国技」だと誇ってもいい思うのです。

当然WBCの優勝国として、実績もあるから別におかしいことではないと思うんですけど、それよりも日本の野球というスポーツへの取り組みに、日本の戦後の世界の中で高度経済成長してきた技術力の高さであったり組織力であったり、戦略であったり、そういうところがすべて反映されているような気がしてすごくおもしろいなーと思ってます。

よくベースボールと野球の違い、とよく言われますが、アメリカではボールをスタンドまで運べる選手、つまりホームランを打てる選手が喝采を浴びる。ベーブルースがいい例ですね。だから逆に言うと結構メジャーを観ていても試合が大味なことが多いんですよね。それに比べて日本では、もちろんホームランバッターは人気ですけど、一芸に秀でた選手も尊敬を集めるじゃないですか。たとえばもう引退したけどバントの天才川相とか(川相って私の周りではみんな大絶賛ですよー)。

それに日本の野球は戦略・戦術が緻密で、カウントやアウト数、点差、ランナーなど状況によって1球1球攻撃も守備も、対応した配置や戦術をとる。それもチーム全体の共通認識として。まー、一言でいうと考えた野球なんですね。メジャーが別に全然それをやってないってことではないし、全部だめってわけじゃないですよ。むしろあのクロスプレーの迫力とか、豪快なプレーはほんと度肝抜かれますが。

それと国際試合をみていて思うのは選手一人ひとりに日本の代表という誇りやプライド、チームプレーに徹する気概を感じられるのが素晴らしいです(こないだのオリンピックはそれがあまり感じられなかったですが)。2006年のサッカーのワールドカップで、日本代表がもうバッラバラで、勝とうという意志も感じられないような情けない姿をさらしたのとは対照的です。ほんとのプロはあーでなくちゃいけません。

そういったチームとしての一体感や気持が伝わるプレーが、私たちの心をつかむのだと思いますし、そんな選手を見ていると、どうだー日本人はなかなかのもんだろー、と誇れるのです!そしてそこで感心して終わりじゃなくて、そこから私自身の普段の生活にそういう仕事に対する取り組み方、プロ意識とかを取り入れなければ、とも感じます。

ということで外国人に日本が誇れるものって何だ?と聞かれたら、迷わず「YAKYU!」と答えましょう!



それにしても昨日の巨人阪神戦、全然興味無かったつもりなんですが、結果を知って今ものっすごい自分自身が安堵感を感じているのは何故なんでしょーかね??それはやはり元巨人ファンとしての血がそうさせるのでしょうか。。。

スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。