You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「父と息子の物語」としてのトイ・ストーリー-『トイ・ストーリー1・2・3』

超今さらだけど『トイ・ストーリー』シリーズは、特に父親は絶対観ておいた方がいいって!泣いといたほうがいいって!いつか訪れる子離れの時の覚悟を持つためにもさ~!

トイ・ストーリー スペシャル・エディション [DVD]トイ・ストーリー スペシャル・エディション [DVD]
(2010/05/21)
ディズニー

商品詳細を見る
トイ・ストーリー2 スペシャル・エディション [DVD]トイ・ストーリー2 スペシャル・エディション [DVD]
(2010/06/23)
ディズニー

商品詳細を見る
トイ・ストーリー3 (期間限定) [DVD]トイ・ストーリー3 (期間限定) [DVD]
(2012/07/04)
ディズニー

商品詳細を見る


去年の夏から秋にかけて『となりのトトロ』に夢中だった娘っこが、最近はもっぱら『トイ・ストーリー』シリーズにはまっております。

トトロにみる子どものセンスオブワンダーを引き出す親のかかわり方-『となりのトトロ』

休みの日はだいたい1~3のどれかを1本観てるし、へたすりゃ2本観る勢い。昨年12月に念願のディズニシーの「トイ・ストーリーマニア」にも行くことができて、その余韻がまだまだ衰えることを知らず、むしろ拍車がかかってるかのように『トイ・ストーリー』の世界にのめり込んでます。

で、トトロの時と同様、子どもがそんだけ観てると親もまたえっらい観るはめになる。そうするとやっぱり親目線でいろいろ気づくこともあるので、その辺をまた書いておこうかと。

シリーズの1~3でいえば、自分はやっぱり3が最も好きで、特に終盤はほぼ号泣。それはなぜかといえば、カウボーイ人形の主人公ウッディの「父性」が濃く描かれてるからなんです。

『トイ・ストーリー』は、3作通じて「おもちゃ同士の友情」っていうテーマがまずどーんとある。そしてそこにぶら下がるようにして、例えば抵抗できずに使い捨てられるおもちゃの辿る顛末(労働者や労働観のメタファーにもなっている)だったり、子ども達の憧れが西部劇のガンマンから宇宙開発・宇宙飛行士に移行していくという近代アメリカの歴史と象徴の移り変わりだったり、誰もがいつか絶対的な死を迎える運命にあるのだという諦観だったり…。こうした様々なメッセージが並行して潜んでるわけね。

そんな中でとりわけ3に濃厚に感じられるのがさっきも言ったように主人公ウッディの「父性」。『トイ・ストーリー』って実は1から3まで、ウッディの持ち主であるアンディの父親が一回も出てこない。作品中で家族として出てくる登場人物は母親と妹だけ。元々いないのか、いるんだけど作品内であえて出してないのかはわからない。けどいずれにしても父親は一切出てはこないし、むしろ意図的に排除しているように見えるわけ。どうしてかというと、それはもう完全にウッディが父親の役割を果たしているってことなんだよね。つまり『トイ・ストーリー』とは実はウッディとアンディの「父と息子の物語」であるとも言える。

母親の役割(母性)が無条件の愛情で包み込むことなら、父親の役割(父性)とは社会性を教えること。この社会性の象徴としてウッディは描かれている。

ラストのシーンでアンディがウッディをはじめとするおもちゃたちを新しい持ち主の女の子に一つ一つ紹介するところがあるんだけど、そこでアンディは最後にウッディのことをこう紹介する。

「強いカウボーイで、勇気があるんだ。優しいし賢いし、でもウッディの一番すごいところは友達を見捨てないこと。絶対に、何があっても傍にいてくれるんだ」

ここは、アンディがウッディのことを深く理解していることを描きながら、実はアンディがそのセリフで言っていることを、ウッディから学んできたということを表してるシーンでもある。

それともう一つグッとくるのが、お互いに依存していた親子関係から、ついに両者がそれぞれ自ら別離を選択するところを描いてるとこ。

親子(あるいは師弟)ってのはいつか「育てる・育てられる」という関係から離れなければいけない。それが親子関係の大前提であるとも言える。その前提がなければただの依存関係であり、親子とは言えない。

3の冒頭では、大学入学のためにひとり暮らしを始めるアンディがウッディだけは大学の寮にに連れて行こうとする。ウッディのほうも保育園や別の女の子の元ではなく、あくまでもアンディの傍にいようとする。つまりまだ相互に依存しあってる状態で、親離れ・子離れが出来ていない状態なんだよね。

それがラストに向かって、お互いに自らが主体的に相手の傍からの別離を選択する。どちらも傍にいる形を選択しようと思えばできたはずなのに。

2人が本当の親子のように通じ合っていて、それでもそれぞれが同時に別離を決意するその内面の移り変わりという成長のプロセスを、直接的なコミュニケーションじゃなく(人間とおもちゃだから)間接的なコミュニケーションを通して表現されるわけ。アンディの語りのときはウッディ達はおもちゃとして無機質な状態のまま感情を表現しない分、ウッディ達がアンディの語りを万感の思いで聞いているであろうことが否応なしに想像されてしまって、これ以上ないほど感動が迫ってくる。。。

あとね、ディテールのとこにもちょっと触れとくと、オープニングで過去の幼少の頃のアンディがウッデイたちで遊んでいる映像が8ミリカメラ風の映像によって流される。その時にかかるBGMがシリーズ通してのメインテーマ曲の『君はともだち』なのね。この『君はともだち』はウッディの声で歌われていて歌詞は明らかにアンディに向けている歌なんです。ちょっと引用すると

俺がついてるぜ 俺がついてるぜ
辛いことばかりでも 君はくじけちゃだめだよ
思い出せよ ともだちを
きみのすぐそばに いつも俺がいる

俺よりもすごいやつは たくさんいるよね
だけど俺よりも君のこと
気にかけるやつは いないよ

っていうような歌ね。で、画面の8ミリカメラ映像がブツっと途切れるのが、ちょうど曲の最後の方の
「時が流れても~ 変わらないもの~♪」
という歌詞が流れるとこなんだけど、実はそのあとに来るはずだった歌詞とは………?

「それは~ 俺たちの絆」………。

つまり、『トイストーリー3』は「俺たちの絆」の映画なんだよってことをオープニングでちゃ~んと示唆してるんだよね。という都合のいい解釈…。

いやほんと父親はこれ観といたほうがいいって。ウッディに重ね合わせて、いつか自分にも訪れる子離れの時の覚悟を持つためにもねぇ…。

まぁ、こんな記事書いてる時点でオマエ相当子離れに難儀するだろ…って自分でも思うけどさ…。

関連記事

『WALL・E』 ロボットの〝感情〟が教えてくれるもの。
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。