You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「笑い」とは、突きつけられる「問い」への「答え」である‐『LIFE!~人生に捧げるコント~』

ホント素敵なコント番組だったわ~。9月1日にNHK・BSプレミアムで放送されたウッチャンのコント番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』!

コント番組だから当然笑えるんだけど、それだけじゃない。笑いの向こう側に番組タイトルの「LIFE」、つまり人の生き様が滲み出てくるのがもうホント素敵だった~。

225842.jpg

お笑いナタリー - 秘話満載の「LIFE!」会見、内村が語るスタジオコント愛

誰でも常に様々な局面で大なり小なりその人なりの「答え」を出さなきゃいけない時ってあるでしょ。人生の中で直面する「答え」のない「問い」。「答えは…ありませんねぇ…」じゃなくて「とにかく答えを出さなきゃいけないんだよぉぉぉ!」っていう、まるごとの自分を試されちゃってるような時…。

その時その「問い」に対するその人なりの「答え」に宿る独尊性が生み出す周囲とのズレ。このおもしろさが『LIFE!』で浮かび上がってくるものなんだよね。もちろん「問い」も「答え」もことばによるものだけじゃなく、例えば状況によって問われることもあれば、行動によって答えを出すってこともある。

『LIFE!』に出てくるキャラクター達は全てごくふつうの人たちなのね。全く見たことがないような奇抜で現実離れしたキャラとかシュール過ぎるキャラは出てこないし、設定も身の回りにありそうなごくふつうの設定になってるわけ。もちろん多少はデフォルメされてるものもあるんだけど、あくまで「あぁ…なんかこんな人っていてもおかしくないなぁ…」って感じさせる範囲に留まってる。

冒頭一発目に、TV番組の街頭インタビューの設定で西田尚美扮するキャスターがウッチャン扮する一般人のおっさんに「あなたにとって○○とはなんですか?」っていう抽象的な「問い」をひたすらたたみかけ、おっさん段々グダグダになっていっちゃう…、っていうコントを入れてくるのね。で、このコントの締めに

「人生とは、答えのない『問い』である。」

ってテロップが映し出されて、番組全体が幕を開ける。このコントがこの後に続くすべてのコントの方向性を指し示してるんだよね。

つまり
①ふつうの状況でふつう人がやりとりする
②答えのない「問い」かけに対する「答え」のズレやギャップによって「笑い」を生みだす
っていう決まりごとによって括られたコントばかりなんだよね。

あのね、人生って大喜利そのものじゃん、って思うことがあって。たとえば自分の子どもがなにかやらかしちゃったとして、その時その状況で子どもに親として何を言うか、どういう態度をとるかって、その親の人間性にすべて委ねられてるでしょ。答えがないからこそ、己の全人格を賭けて対処しなきゃいけない。仮に道徳的に正しいこと言ったからってそれがいい結果を生むとも限らないし、一般的な道徳とは真逆だったとしても、その人なりの信念に基づいた態度であるなら、むしろそのほうが伝わったりもする。結局その人なりに対処する以外ない。

大喜利のように突如として与えられた答えのない「問い」に、その人なりにどういう「答え」を出すか?その連続が、まぁ言っちゃえば人生なんだよねぇ。

名著『夜と霧』でビクトールEフランクルもこう言ってるよ。

生きることは日々、そして時々刻々、問いかけてくる。わたしたちはその問いに答えを迫られている。考え込んだり言辞を弄することによってではなく、ひとえに行動によって、適切な態度によって、正しい答えは出される。

夜と霧 新版夜と霧 新版
(2002/11/06)
ヴィクトール・E・フランクル

商品詳細を見る

ふつうの人が、そのふつうな人生の中で、「答え」のない「問い」に何がしかの答えを出そうとするとき、別にワザとボケたり笑わそうとしたりなんかしてなくても、その「答え」の中にどうしようもなくその人にしかない味わいってのが立ち上ってくるわけ。それを客観的に捉えたときにズレやギャップが生まれてどうしようもなくおもしろかったりする。さらにその向こう側に「答え」を出した人間の積層してきたこれまでの生きざまをみちゃう。

答えのない「問い」だから当然すっぱりと答えがでずに右往左往したり、ごまかそうとしちゃうことだってときにはある。そうしたしょーもない「答え」であったとしても、そのしょーもなさもまたその人間の味なんだって全肯定できちゃう懐の深さを感じさせるんだよねぇ。

ホント素敵なコント番組だからさ、再放送とかあるか知らんけど、どうにかして観た方がいいよ~。

関連記事

松本人志&内村光良 衝撃のコラボに唸る!!!
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。