You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~』勝間和代 心の花に読書をあげよう!

読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~ (小学館101新書) (小学館101新書 1)読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~ (小学館101新書) (小学館101新書 1)
(2008/10/01)
勝間 和代

商品詳細を見る


これまで子供の頃からずっと読書が趣味で、江戸川乱歩の怪人二十面相シリーズから始まり、ホームズやコロンボ、好きなスポーツ選手やミュージシャン等有名人の自叙伝、三国志や宮本武蔵、司馬遼太郎一式、大前研一さんの本、梅田望夫さんの本、そして勝間和代さんの本、等などこれ以外にも様々な多くの本を読んできました。「人の人生を疑似体験できる」事が楽しくて楽しくて、常にどこかへ出かける際は何かしら1冊は携帯します。

ただそこには当然のように、誰かが書いた本を自分は読む側として受け取るという発想だけで本と接するのみで、仮にも自分が本を書く側になるとか、自分の書いた本を売る側になるとか、そんなこと何か別モノの感覚でいて、想像すらもしたことがありません。

しかし、今時代はWEBの進化という大きな転換期を向かえ、グーグルなどの検索エンジンやブログの技術向上が著しい環境の中で「個」が大きくクローズアップされる時代へと変化しています。それに付随して「読書」の持つ意味合いは、ただ「本を読む」ということだけでなく、私たち一人ひとりの個人が、読書を通じて、「本を書く」、「本を売る」という、自らの本を発信する側になれる可能性の飛躍的な広がりと、それを常に念頭に置くことによる自分自身の成長と進化の促進、という意味合いも含めたとても深いものになってきたのだと本書を読んで感じています。

今回この「読書進化論」を読み、以下について考えを深めることが出来ました。
■自分というブランドを高める為の読書進化のポジティブ・フィードバック・ループ
■「読書するから進化する」のではなく「進化するから読書する」

■自分というブランドを深める為の読書進化のポジティブ・フィードバック・ループ

文中に「本を書きたい」と考える人に私が強くお薦めしたいのは、「人生を充実させよう」、「自分メディアを充実させよう」、ということが述べられています。

ここでは「本を出したい人」、ということを前提としたアドバイスが書かれていますが、このことは何も本を出すだけではなく、例えば幅広い業界や相手を対象とする営業を行っている人や、これから自分で新規事業を立ち上げようと考えている人など、他にも自分自身のブランドを通じて情報を発信し価値を生み出そうとしている方なら、全てが実践すべき考え方として当てはまるのではないか、と感じます。

実際に自分が本を出すかどうかは別として、ある意味「仮に本を出すということを想像し、そこから逆算した読書」を行うことで、結果的に本を出版しなかったとしても、自分のブランドを高めるためのとても効率の良い、本からの学びを得られるのではないかと考えました。

よく世の中にはお金持ちの所にお金は集まる」だとか、「仕事で実績を出す人の所に次々に仕事が集まってくる」といような良いループ現象というものが存在します。いわゆる好循環ですね。もちろんその逆の悪いループもあります。

本書では勝間さんは良いループを「ポジティブ・フィードバック・ループ」と呼んでいます。本書を読んでいて読書を使った良いループ、「読書進化のポジティブ・フィードバック・ループ」が頭の中に構築されてきたので、これをまとめてみたいと思います。

本書を読んで感じた「読書進化のポジティブ・フィードバック・ループ」とは以下のようなものです。
①インスピレーションの赴くままに読書する⇒
②得られた知見や疑似体験を、元々の自分自身の経験、知識と組み合わせて思考を練る⇒
③組み合わせて得られた思考そのものをアウトプットしたり、普段の行動に落とし込んで実践してみる⇒
④フィードバックを得て獲得できた新しい気付きや、仮説、疑問に興味をフォーカスする⇒①に戻る

と、繰り返しこそが、結果的に自分のコンテンツ力、ひいてはブランド力を高めることに繋がっていく仕組みとなると考えました。

①インスピレーションの赴くままに読書する

本は自分が興味関心や悩みなどを持っているけども、感覚的な部分が多くていまいちなんと言葉にしていいかわからない、というような時に、その感覚に対して言葉のラベル付け、言語化をしてくれます。言語化されることで興味関心が自分の言葉としてはっきりと認識できます。

本屋に行くとなんとなく落ち着いたり、楽しくなってくる人は、書店という場が、自分の心の内面にアクセスできる場のような感覚があるからじゃないでしょうか。少なくとも自分はそうです。

なんにでも貪欲に興味を持って、自分でピンときた本でもいいですし、人から勧められた本でもいいですし、とにかく自分のインスピレーション赴くままに読書を始めましょう。

②得られた知見や疑似体験を、元々の自分自身の経験、知識と組み合わせて思考を練る
本を読むと色々なインスピレーションを受けます。この話しは自分のあの経験と似ていて、本質は同じなんじゃないか、とか新しい気づきが得られたとか、そいういったものを組み合わせて色々と考えてみる。

自分の経験や知識と組み合わせると言うことは、本の内容を「自分の問題」として考えるということ。どんなにいい話だった、と思っても、自分自身と切り離した感覚だとリアリティがなくて、深く実感することができません。できるだけ本を読みながらこの話しは、あのことに応用できるなとか、自分自身に対応させて考えるといいかもしれません。それが自分メディアの独自性であったり、コンテンツの幅の広さにつながってくるのではないでしょうか。

③組み合わせて得られた思考そのものをアウトプットしたり、普段の行動に落とし込んで実践してみる

「読んでお終いにしない」が究極の技術、と本書にも出てきますが、やっぱりここが何より一番大事なところです。

私はこれまで多くの本を読んできたつもりでしたが、これまで②のところで満足をしてしまって、これだけの本を読んできたのに何か身になっているような感じがしないという感覚があって一時期結構悩みました。まぁ実行しないなら当然なんです。サッカーの本を一万冊読んだって、実際自分がホールを蹴ってみないと絶対に上手くなんかならないんですから。

というわけで現在は、今このブログを書いているように、本を読んで得られたものを必ずブログに書いたり人に話す、そして自分で実際にやってみることを徹底しています。

また私自身は本を読んでいる間に、「この本を読み終わって本を閉じて、すぐに実行できる簡単なことを探す」ように心がけて本を読んでいます。まずは簡単にすぐできることをやってみるというのが実行できない人には何よりお勧めです、

勝間さんの書籍は、そういった意味では例えば取り上げた題材に関連するWEBサイトのURLが載せられていて、すぐにアクセスできる、とか本当に本を閉じてすぐ実行できるものが多く紹介させれているのでいつも素晴らしいと感じています。

そしてここでもう一つ重要なのは、本書の中でも述べられているように、ブログ等に書く場合にも書く技術の研究、ブログの設定の研究、そして自分自身が編集力をつけるという、この点を突きつめていくことも忘れてはいけません。ブログに意見を書くなら「本を出すことを想定し」出版社の人間に見られているということを想像して、より構成や内容に気を使う必要があります。

④フィードバックを得て獲得できた新しい気付きや、仮説、疑問に興味をフォーカスする
実際にやってみて、本当にうまく行った!とか、逆にうまく行かなかったから、この点に問題があるんじゃないかとか、ブログへのコメントのフィードバックとか、そういった気付きや疑問が得られたら自分自身の一歩前進!あとはこの気付きや疑問に興味関心を持ってフォーカスし、またそれに関連する新たな書籍を読む⇒思考を練る、と繰り返していけばいいのです。

その際に、ある対象の深みを追求するもよし、すこしずつ対象をずらしていくもよし。自分が得た興味・関心に合わせて、その感覚にピタリとくるものを選んでいけばいいと思います。

この読書進化のポジティブ・フィードバック・ループをいかに意識して自分の中に取り入れ、悪いループを避けるか、というのが自分の幅と深みを押し広げる、人生をよりよくするための秘訣だと考えています。

ディスカバー21の干場社長は「とにかく著者が面白いかどうか」を本の持ち込み企画の採用可否のチェックポイントにされていると本書にも書かれていますが、これに限ったことじゃなく営業などでも最後の決め手になるのは「その営業の人間そのものの魅力」とかだったりしますよね。引き出しが多くて、深みがあり、広さも持っている人。そんな人が受け入れられるのだということはどこも同じことではないかと感じています。

せっかく本が好きで毎日のように本を読み漁っているのなら、この読書ループを意識的に自分に組みこんで、自分のブランドを構築していきたいものです。

ちなみに大前研一さんは、毎年毎年、年末になると必ず何か1つの分野を選び出し「来年はこれを勉強しよう、この分野の専門家になろう」と決められるそうです。そして1年かけて徹底的にその分野を勉強し、毎年本にまとめて出版されるということを繰り返しておられます(最近も新刊がでましたね)。だからこそあの方のブランド力やコンテンツ力というのは素晴らしく、先を見通す力や視点のユニークさはここから生まれているのだと感じます。

大前研一さんの新刊↓
サラリーマン「再起動」マニュアルサラリーマン「再起動」マニュアル
(2008/09/29)
大前 研一

商品詳細を見る


■「読書するから進化する」のではなく「進化するから読書する」

私たちは皆、究極の欲求として「自己実現の欲求」を持っています。「思い描いているなりたい自分」になりたい。つまり人は根本的に、進化していきたい、昨日より今日は成長したという実感を無意識のうちに獲得したいという欲求を持っています。

本書を読んで感じたことは、「本を読みたい!」と感じる自分がいるということは、「進化したい!」と感じている自分がいることと同じなのではないか、ということです。

そんな自分に気付いてあげる。そんな自分を全面的にバックアップし本を読ませてあげる。という感覚がとても大事なことなのではないかと考えました。

花に水をあげる時には、「水を与えたから花が咲いた」、のではなく、「花を咲かせて一番魅力的な姿にしてあげたいから声をかけて水を与えて」という感覚を持つと思うのですが、そんなイメージでしょうか。自らの心の中の花を育てるように、進化するための読書を与えていきたいのです。

だから「読書するから進化する」のではなく「進化するから読書する」なのです。

どんな場所住んでいても、何歳になっても、本は私たちに「努力が報われる環境」をもたらしてくれるのです。

P24より
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。