You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本はひとつの人生で、人生は一冊の本-『レンブラントの帽子』バーナード・マラマッド

人生は言い切ることも割り切ることもできないことばかりで構成されている。
沈黙の中にこそ大切な何かが紛れ込んでいる。そんなことに気づかされます。

レンブラントの帽子レンブラントの帽子
(2010/05)
マラマッド

商品詳細を見る


先日こちらに書いた『昔日の客』の出版社・夏葉社さんが最初に手がけた一冊がこちら。
この本も、もう好きすぎて仕方がない…。

アメリカのユダヤ系作家が1973年に刊行した八編の短編集から、主要作三編を収めて再発された作品です。

人間の深淵さと…、想像力と表現と………。

と、感じたこと、考えたことをつらつらと書こうとしたんですが…、やっぱりやめます。

この本は、感じたことを言葉を尽くして語るよりも、この“感じ”を大切に持っとくだけの方が
いいのかもしれないです。評論とか批評とか解説とかがこんなに野暮なことだと感じさせる本も
なかなかないです。まぁ人には全然伝わらないでしょうけど…。

この本の登場人物が直面する葛藤と、この本の良さを伝える難しさはとても似てる。
本も人生も、そんなに簡単なもんじゃない。だからこそ、本も人生もおもしろいんだわ~。

と、いうことだけ書いて書評、おわり!とにかく四の五のいわずに読んでもらいたいなぁ。

関連エントリー
本は時空を超えてやってくる-『昔日の客』関口 良雄

夏葉社さんの本↓

上林暁傑作小説集『星を撒いた街』上林暁傑作小説集『星を撒いた街』
(2011/07/04)
上林暁

商品詳細を見る


関口良雄さんを憶う関口良雄さんを憶う
(2011/02/19)
岩波 蔵松、尾崎 一雄 他

商品詳細を見る


昔日の客昔日の客
(2010/10)
関口 良雄

商品詳細を見る


スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。