You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人版・ぼくらの七日間戦争!‐『十三人の刺客』

時代劇もの、かつ爽快な要塞アクションエンターテイメントでもあり、同時に日本固有の封建社会や現代の政治までも風刺する。ごちゃ混ぜでありながらもひとつの作品として節々からほとばしる熱量が半端じゃない。観ている者を否応なしに興奮させてしまう見事な作品でした!

十三人の刺客 通常版 [DVD]十三人の刺客 通常版 [DVD]
(2011/05/27)
役所広司、山田孝之 他

商品詳細を見る


大人版・ぼくらの七日間戦争!

いやぁありきたりなこと言わしてもらうけど、とんでもなく面白かった!武士の悲壮な戦いというフォーマットを使った要塞アクションエンターテイメント!様々な罠や仕掛けをこらした要塞で敵を迎え撃つドキドキ・ワクワク感は『ぼくらの七日間戦争』にも通ずるものがあるなぁとか感じました。

ぼくらの七日間戦争 [DVD]ぼくらの七日間戦争 [DVD]
(2001/05/25)
宮沢りえ、五十嵐美穂 他

商品詳細を見る


いわば落とし穴に、落ちるぞ落ちるぞ、落ちた―!っていうあの感じ。あれが武士という真面目そのものというか、むしろ狂ってるほどにカタブツな輩によって喚起されてしまうという、えもいわれぬ高揚感。それに三国無双的な多数の敵をなぎ倒す痛快さも。いやぁ~たまりません。これだけで十分過ぎるほどに見る価値のある映画ですね。

おはなしを簡単に言ってしまうと、封建社会が崩れ去ろうとする間際、いわば封建社会や階級制度の過渡期という時代背景。そこで繰り広げられる残虐きわまりない暴君とその主君に使える旧来の武士(家臣)、そして天下万民のために命をかける新しい武士のぶつかり合いです。

武士の滑稽さ

ラスト50分がアクションということもあってセリフがそんなに多い映画ではないんですが、発されるひと言ひと言がとにかく重くて濃厚。どのセリフにもそれぞれ主君と家臣、民衆を代表する武士、あるいは民衆など、置かれた立場と環境によって積層形成されてきた異なる正論がシンプルに吐き出されてゆきます。

たとえば伊勢谷友介さん演じる山の民のキャラクターがとにかく痛快で、客観的な視点とセリフである種この戦のバカバカしさをメタ的に浮き彫りにしてくれるんです。「武士ってなんでどいつもこいつもそんなにエラそうなんだ?」「役立たずが大勢集まっても、やっぱり役立たずだなぁ」といったセリフを彼が言うことで、武士という特権階級にいる者を所詮井の中の蛙同士がもめているだけじゃん、と切って捨てる。壮大で悲壮な戦いが繰り広げられているのに、映画を観ているものの頭の中には、それと相対的に武士の滑稽さと虚しさが浮き上がるのです。

現代にも通じる封建社会下の軋轢

言うまでもなく暴君斉韶役の稲垣五郎さんの演技がもう抜群!民衆の泥臭い生活感など微塵も知らない完璧な箱入り感と封建社会の不条理さを、存在そのものから突きつけてくるんです。

封建社会における君主という立場で、ある意味真に生きることを知らなかった権力者。ゆえに暴虐の限りを尽くすことでしか生きる実感を得られなかった…。己の欲望の赴くままに生きてきたけど決してうつけ殿ではない。生まれた土俵が違っていたら多分それなりの人物になっていただろなということを想像させるキャラクター。これらが見事に表現されていて、ほんとにハマり役ってこのこと。

特に彼がアクションの中盤からクライマックスにかけて発するセリフの一つ一つは身震いするほど絶品。「戦の世とはこのようなものか?なかなか良いものじゃ。死が近付けば人は感謝が生まれる。ムダに生きるならこの世はなんとつまらぬことか」あるいは「政とは政を行うものにのみ都合よく、万民はその下民として生きるしかない」などなど。

立場は違えど、どの人も「より良く生きようとする」存在であることを認識させてくれると同時に、けどやっぱり立場によって人はそれぞれの正論に固執してしまう存在であることにも気付かされます。

で、これをあんまり現代の政治とか官僚とかにあてはめるのもの短絡的すぎるんだけど、なんでそんなに立場に固執するの?とか、誰のための政治なの?ってところでやっぱり現代にも、江戸時代の封建社会下のようなそれぞれの立場の見えにくさが起こす軋轢が政治を停滞させていることを連想させたりもします。

というわけで、まぁ色々言いましたけど堅苦しいこと言わず大人版『僕らの七日間戦争』ってことで、楽しんで観てもらいたいです!
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。