You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野外映画会にみる「作品(コンテンツ)」と「体験(エクスペリエンス)」の関係

作品(コンテンツ)に触れて自分がどう感じるかは、作品それ自体の内的な良し悪しのみならず、体験(エクスペリエンス)のような偶発的な要素によっても劇的に変化するものなんですよね。

きな子~見習い警察犬の物語~ [DVD]きな子~見習い警察犬の物語~ [DVD]
(2011/01/14)
夏帆、寺脇康文 他

商品詳細を見る


もうかなり時間が経ってしまったんですが先日地元で催された野外映画会に妻と娘の3人で行ってきました。観た映画は「きな子~見習い警察犬の物語」。

これが1歳8ヶ月の娘の生まれて初めての映画体験だったわけなんですけど、まさにこの「体験」についてなかなか考えるところがあったので、ちょっと書き残しておこうかと。

この野外映画会はその名のとおり野外でみんなで映画を鑑賞しようという催しで、夏休みということもあって毎年家族向け・子供向けの作品がピックアップされ上映されます。で、その狙い通り1歳8ヶ月の娘もかなり集中してスクリーンを観てました。

子どもが集中して観れて、それによって大人も子どもに気を取られずに映画を楽しめる。その結果、子どもに初の「映画体験」を提供することができて、大人にとっても気分転換になった。

作品が動物ものということもあるんだけど、個々の席に座って観るスタイルじゃなくて、地べたに敷物をしいてドカっと座ってリラックスして観れるから、子供も安心してパパとママの膝の中を行ったり来たりしながら映画に集中できるんです。多分こういうスタイルの鑑賞方法じゃなかったらみんながみんな映画を楽しめなかったと思うんですよ。

作品そのものは自分としては決して諸手を挙げて褒め称えたいと思えるものではなかったんですけど、映画体験としてはもう最高だったんです。

夏の夜風を感じながら子どもと一緒に楽しく映画を観る。これってキャンプの時に外で食べるカレーと同じで、カレー自体は有名店のカレーでもなんでもなく普通にカレールーで作ったカレーでしょ。でも外でみんなで一緒になって食べるカレーはやっぱり有名店のカレーに負けず劣らずウマい。というかむしろこっちのほうがウマい。

一般的に良作と言われる映画を鑑賞することも大いに満足するし、一人であれこれ考えながら観る映画も楽しい。でも作品云々のみならず、どこでどんな人と一緒に、どんな雰囲気の中で観たかっていう「映画体験」という要素が結びつくことで、より自分にとって忘れられない一本を作るんだと気づいたわけです。

作品(コンテンツ)は体験(エクスペリエンス)と切っても切れない。冒頭でも言ったように、作品それ自体の内的な良し悪しのみならず、体験のようなどちらかといえば偶発的な要素によっても劇的に変化する、ということでしょうか。。。

というわけで、この夏もしお近くでこんな野外映画会なんて催しなんかがあったらぜひ足を運んでもらいたいなぁなんて…。

まぁ他に野外で映画を観れるのはフジロックの富士劇場しか思い浮かばないし、そのフジロックも今年は終わっちゃってるんですけどねぇ…。
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。