You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1才児の発達課題のお供に-『ゆっくとすっく しあげにはみがきもういっかい』たかてら かよ

現在1才7か月の娘のお気に入り絵本ダントツ1位がこれ!最近じゃ読まない日は無い、というか一日に何回読んでんだ?ってぐらい飽きずにむさぼり読んでます。

ゆっくとすっく トイレでちっちゆっくとすっく トイレでちっち
(2010/06)
たかてら かよ

商品詳細を見る


で、この絵本改めて読むと良くできてんな~と感心させられちゃうんですよ。

ゆっくとすっくという男の子と女の子の2人の主人公がいて、動物の友達が3人出てきます。

ゆっくとすっくの課題を3人の友達はとっくにクリアしてて、当たり前のようにこなす姿を3人それぞれ見せるんです。それでゆっくとすっくもその気になってチャレンジするんですけどうまくいかない…。そこで発想の転換があって、もう一度チャレンジしてみたら今度は上手くいく!「やったー!」って言う流れ。

リピートによる高揚感→挫折→工夫→成長 ってとこでしょうか。

最初に3回同じような場面を繰り返すってのがミソで、トランスのループみたいにだんだん読んでる方も高揚感が出てくるんですよ。このフォーマットは最近出たこちらの一冊にも応用されてます。

ゆっくとすっく しあげにはみがきもういっかいゆっくとすっく しあげにはみがきもういっかい
(2011/05)
たかてら かよ

商品詳細を見る


発達課題とリンク!

で、なんで娘がこの作品をこんなに好きかっていったらね、多分「これは私の物語だ!」って思ってるんですよ。つまり排泄の感覚を徐々に掴みつつある自分とストーリーを重ね合わせてるんです。

自分の発達課題と絵本のストーリーがリンクしていて、主人公たちの成長を自分の成長のように感じられるんじゃないかと。実際この本に夢中になりだしてから、自分の意思でトイレに行くようになりましたし、もよおすという感覚もだんだんわかってきて、自律的なコントロール感覚を掴みつつあるみたい。今のところはまだ便座に座るだけで排尿に成功したわけではないんですが。

大人だって映画見たり本読んだり音楽聴いたりしてて、「これは俺のことを言ってる!」「これは俺の作品だ!」って感じて「この作品、愛おし過ぎる!」「抱きしめたい!」ってなることあるじゃないですか。自分の人生がその作品と完全にリンクしてしまう感覚というか。

そういう感覚を1才の子どもから引き出すようにちゃんとデザインされているあたりが、この作品はなかなかたいしたもんだな〜と娘と一緒にページをめくりながら実感してるわけなんです。

発達課題に挑む1才の子どもたちのお供に超オススメ!!
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。