You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィジー(マナ島~ナンディ)ハネムーン旅行記・4日目 ④/⑦

【9月10日(水)】4日目

いよいよ今日がマナ島滞在の最終日。明日はナンディへ戻ります。

P1140191.jpg

今日も朝の一枚をパチリ。朝っていいですよね~!夏は特にすがすがしくて気持がいいので夏は一日の中で朝が一番好きです。

P1140192.jpg

P1140193.jpg

朝食を頂きます。実はフィジーに来てから、ビュッフェタイプの食事を欲張ってがつがつ盛って食べていたのと、脂っこい物ばかり食べてたのがいけなかったのか、私も奥さんも2人してお腹の調子が芳しくなく、ちょっと食傷気味になってしまいました。。。

写真には写っていないのですが、朝食には味噌汁(miso soup)が用意されていて、このあと飲んだのですが、それがもうこれまで味噌汁を食べてきた中でも特に染み入る感動的な旨さでした!!!いや別にマナ島の味噌汁が旨いとかじゃないんですが、自然と日本の味を求めていたんでしょ~ね。日本食の良さを再確認しました。

ちなみに夕食の際の、肉などをその場で切り分けてもらったり、焼いてもらう所には必ず醤油が用意されていました。ちょっと感じたことは私の前に並んでいた外国人の方はほとんどの人が「ソイソース!」と醤油を頼んでましたし、自分で醤油をかけている方もちらほらいました。外国人の方も脂っこい味付けでなくてさっぱりとした味付けを望んでいるのでしょうか?!


昨日朝食後にすぐ海に出て体調を崩した反省から、今日は朝食をとってからたっぷり時間をとってサウスビーチでゆっくり過ごすことにしました。

P1140195.jpg

今日のサウスビーチでは、軽くシュノーケリングして休憩、カヤックをレンタルして漕いで休憩、バナナボートで海の上を駆けまわって休憩、また軽くシュノーケリングと、無理せずたくさん休みながら遊びました。

カヤックは無料でレンタルできます。一人乗りと二人乗りがありますが二人乗りを借りました。マナ島のビーチはほとんど波がないので簡単に漕いで沖まで出れます。

バナナボートは10分で大人1名40$ですが、大人2名になると一人20$になるので、結局は2名でも40$でできちゃいます。結構スピードも出ますが、これまた波がないのでそれほど怖くないですし気分爽快でした。一回だけカーブの時に体重移動がうまくできずに、おもいっきり転倒!!!でも1回ぐらいはそういうのがあったほうがむしろ面白いってもんです。。

P1140199.jpg

ビーチでゆっくりしていると何やら向こうのほうから5mぐらいの等間隔に穴を掘っては中を確かめ、また埋める、という作業をするフィジアンがおりました。何をしているんだろう???と思って気になってみていると、4、5歳ぐらいの男の子も同じように気になったのか、向こうからやってきました。そして男の人が掘った穴に足を突っ込んで「砂かけて」的なことをお願いしていて、フィジアン男性も苦笑いしながらかけてあげたりしていました。

P1140200.jpg

なんでもない光景ですが、なんか微笑ましかったので。。。

P1140202.jpg

このあと足が埋まった男の子が嬉しそうにその場でうずくまっていると、お兄ちゃんがやってきて「お前何やってるんだ、出ろ!!」みたいなことを言いながら男の子を引っ張り出そうとしたので、男の子が「ウワーッ」って泣いて抵抗してました…。その場にいた他の人たちもその光景をみてみんな苦笑い!

P1140203.jpg

こんな感じで夕方までゆっくりビーチで過ごし、いや~今日も楽しんだってことで部屋へ戻ります。

それじゃあこの後はマナ島最後の夜をゆっくりディナーでもとりながら楽しみましょう、と普通だったらなるところなんですが、、、我々は違いました…。

P1140204.jpg

なんと、ナイトシュノーケリングという、夜の海でシュノーケリングしちゃおうというツアーに参加してしまいました(ツアーといってもこの日の参加者は私たちだけでしたが…)!!!

こんだけ遊んでまだやるかって感じですが…。奥さんに至っては暗所恐怖症なのに…。夜の海なんかに入って大丈夫なのか~?!

でもせっかくこんなきれいな海に来たんだしどうせなら普段できないことをしようということで、勇気をだしてもらってやってみることにしました。。。

ちなみにナイトシュノーケリングは沖まで出る「ボート」と近場で行う「ビーチ」タイプの2種類があり「ボート」は一人80$、「ビーチ」は一人60$というお値段です。私たちはボートのほうでナイトシュノーケリングです!

P1140206.jpg

この写真は、ナイトシュノーケリング出発前の待ち時間にとった夕暮れの写真です。もちろんこのあと出発するときはもう真っ暗。。。

ちなみにナイトシュノーケリングは昼間見られないような魚たちがたくさんみられるとのこと。どんな生き物に出会えるのでしょうか!!!

P1140207.jpg

……行ってきました夜の海に。。。

いや~かなりすごかったですよ。。。なんとサメにウミガメに出会ってしまいました。。。他にもウツボとか珍しい生き物も。。フグもいたんですがガイドさんにちょっかい出されてプクーって膨らんでました!!

サメやウミガメに出会えたのはほんと感動です!サメはジョーズの影響で人間を食べてしまうというイメージがあるのですが、実際はサメは臆病で、人間はサメより全然でかいですからサメは人間が近くに来ると逃げてしまうそうです。。実際私たちがみたサメも少しだけ姿を現したのも束の間、どこかへ足早に去って行きましたし。

ウミガメはナイトシュノーケリングに参加するとほぼ80%の確率で見られるそうですが、うち等の番でも見れてほんとによかった!

確かに夜の海は昼間の海に比べて、水中で使える懐中電灯の範囲しか視界がなくて、魚を探すのはホント大変。しかもきょろきょろ首を動かしたりしながら泳ぐので、結構ハードでしたけど、ガイドさんも珍しい生き物を見つけるために一生懸命探してくれましたし、普段できないような経験ができたので体験してみてほんとよかった!!マナ島に行ったらなんとも言えない神秘的な体験ができてしまうナイトシュノーケリングもぜひ検討を!!


このあと部屋に戻って夕食。ナイトシュノーケリングはまるまる夕食の時間とかぶるので、最後の夜は日本から持ち込んだ我らがNISSINカップヌードルを食します!!最後の夜なんだからもっといいの食えばいいのに…、とは全然思いませんでした。。だってこん時は半端じゃないほど食傷気味でしたから。。。

今回の旅では自分の貧乏根性でビュッフェタイプで調子に乗って食べまくって食傷気味になってほんと自業自得でした…。皆さんビュッフェタイプだからと言って目移りしてどんどん盛るのはやめましょう。と言っても周りの人らはみんな自分たちの量をわきまえて適量で盛ってましたね。。。みんなエライです。。


P1140215.jpg

このあとメインラウンジで「ヤドカリレース」が開催されておりました!ヤドカリレースはエントリーするヤドカリ(10匹ぐらいいたかな?)をまず最初に紹介し、そのあとそのヤドカリたちをギャラリーが競り落としていき、一番高値でGETした人がそのヤドカリにPETするという流れと仕組みでした。

ちなみにこのヤドカリを競り落とすとその場で現金で支払うため、現金がないと参加できません。我々はマナ島では現金を持っていなかったため参加はせず見物していました。

だいたい相場は40~50ドルぐらいでしたが、たまにヒートアップして90ドルとか100ドルとかになることも…。

P1140216.jpg

集めた掛け金をその場で1,2,3位に振り分け、賞金を決めてから始めます。ちなみに1位は300ドル、2位は150ドル、3位は100ドル、という振り分けでした。なかなかオイシイじゃないですか~!!

それでは、よ~い、、、スタートォォ!!!

P1140217.jpg

かぽっと蓋を開けたら、当然っちゃ当然なんだけど、ヤドカリちぃっちゃい上に動きがちょこちょこしてるので、こんだけスタート前にヒートアップさせといて、なんかちょっと拍子抜け。。。でもそれが逆におもしろくて一瞬シーンとなってから、一気に盛り上がる!!

円の真ん中からスタートして先に円の外に出たやつが勝ちです!20秒ぐらいで決まったのかなぁ?
とにかく最初のヤドカリの紹介から、セリ、レースのスタートまでそこそこ時間かけるくせにレースはホントあっという間だったぞ!!!その辺の拍子抜け感も笑えるから別にいいんですけど!!!

P1140218.jpg

ということで、3位までを当てた方の賞金授与!よかったですね~!!ちなみに1位になったのは日本人の男性!はるばるフィジーのマナ島までやってきたかいがあったってもんですねー!

と、こんな調子で最後の夜も暮れていくのでした。。。いよいよ明日はマナ島を出発してナンディへと向かいます。。最後の夜の余韻に浸る間もなくこのあと我々は部屋に戻って荷物の整理にせっせと汗を流すのでした…。

5日目に続く

フィジー(マナ島~ナンディ)ハネムーン旅行記・初日 ①/⑦

フィジー(マナ島~ナンディ)ハネムーン旅行記・2日目 ②/⑦

フィジー(マナ島~ナンディ)ハネムーン旅行記・3日目 ③/⑦

フィジー(マナ島~ナンディ)ハネムーン旅行記・5日目 ⑤/⑦

フィジー(マナ島~ナンディ)ハネムーン旅行記・6日目 ⑥/⑦

フィジー(マナ島~ナンディ)ハネムーン旅行記・最終日・感じたことあれこれ ⑦/⑦

海外旅行関連エントリー↓
上海では「雑味」を味わえ!‐中国・上海滞在記
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。