You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超・節電生活時代が到来する!計画停電で工夫を!

現在も予断を許さない状況の福島原発…。

国民のために被爆のリスクを背負って、不眠不休で対策に当たられているであろう現場のエンジニアさん…。本当に心からの敬意と感謝を表しつつ、なんとか健康にいささかの害もなく任務を無事遂行されるよう、祈るような気持ちで見守っています。

それにしても、これまで原発に対してこれっぽっちも関心を持ったことがなく、しいていえばブルーハーツの『チェルノブイリ』という曲を、その背景もよく理解せずに、「まぁ~るい地球はだれのもの~」と歌ってたぐらいなもんです…。

そんな無知な私でも、今回だけは「原発」に対してアンテナびんびん立てざるを得ない、まさに国家的異常事態…。

超・節電生活時代が間違いなく到来する

で、原子工学を学び原子力プラントの開発者としての経歴を持つ、あの大前研一さんの論考を読みました。かなり衝撃的な内容ですが、ど素人の私でも納得度の高い予測だということは理解できました。

福島第一原発で何が起きているのか――米スリーマイル島原発事故より状況は悪い| nikkei BPnet 〈日経BPネット〉

最後のところで、この事態が収束したのちについて言及されています。すなわち
・日本の原子力発電は終息を迎える
・日本の総電力のうち、35%が原発によって賄われている
・今後はこの35%分を補うために、国民に積極的な節電生活が課せられる
とのことです。

つまり端的に言えば、今後はひと家庭ごとにこれまでの電力の3分の2で生活しなさい、ということになるんです。
超・節電生活時代の到来です。

するとおそらく電力の料金形態も変わるんじゃないでしょうか。例えばひと家庭ごとに、ある一定の使用量を越すと急激に料金が高くなるだとか、そもそもの電気料金を高くするだとか。あるいは料金ではなく、使用量の制限を設けられて、強制的に多くの電力をいっぺんに使えないようにさせられるとか。

でもこれは逆に考えれば、今回の事態を教訓に省エネ生活を標準とする国として、日本が世界をリードするチャンスでもあるわけです。今までが、ちょっと電力使いすぎてたんじゃない?と思えばいいのです。シンプル・ジャパンの本領発揮です。

計画停電で免疫をつける

そこで、今週から始まり現在4月いっぱいまで続くと言われている計画停電。これを来るべき超・節電生活時代の予行練習として前向きに捉えてみる、ってのはいかがでしょうか。本格的に節電生活が標準となる前に、ここで免疫つけておきましょう、ってことですよ。

ただ今のところ、グループごとに該当する時間に必ずしも電気が落ちるわけではないみたいです。ちなみにうちはまだ実際に電気を落とされていません。…えっ、落とされてないのに、エラそうに「計画節電を予行練習に」とか言ってんの?って話ですけど…(汗)

まぁまぁ気持ちが先走ってるってことで勘弁してください…。

具体的な節電のアイデア

で、いくつか計画停電および節電のためのヒントとなりそうなサイトを見つけたのでリンクはっておきます。

誠 Biz.ID:3分LifeHacking:節電の参考に――電気製品の消費電力まとめ

今すぐ実行できる節電方法 小さな心がけが大切

いまからすぐできる節電のヒント50

まぁこれらをヒントに、ちょっと考えれば他にもいろいろ出てくるでしょ。電灯の蛍光灯を1本外したり、フローリングなら掃除機もクイックルワイパーに変えるとか、よっぽど急いでお湯を使うとかじゃない限りはケトルで沸かすんじゃなくてやかんで沸かすとか。

あと猫飼っているご家庭の寒さ対策の上級テクニックとしては、猫アンカの活用!猫と一緒に寝たり、腰かけている際に猫を膝に乗せてブランケット等をかける等々、とにかく猫とくっつく!猫の平熱は37.5~38.5度なんで、もんのすごく暖かいです!いや、マジで実際うちの妻とか結構これやってますから!

計画停電で得る工夫を、来るべき超・節電生活に活かす

とにかく強制的に電気が使えない状況の中で、生じる不便をどのような工夫で改善するか。それが今後の超・電力節約生活時代において絶対に活かされるはずです。実際に工夫してやってみたアイデアを、ちゃんとストックしておきましょうね。まぁ何度も言いますけど、まだ計画停電を実際に体験してないのによく言うわ―、と自分でも思いますけど…。ですが今回は無責任さ全開であえて発信してみましたー。

とにかく、工夫。「持ってるやつに持ってないやつがたまには勝つ 唯一の秘訣 それが K.U.F.U、クフー」ですよ。

武器はたゆまぬK.U.F.U

常に研究 常に練習
知恵を結集し 君をレスキュー

スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。