You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつだって金ピカで、いつだってパンク-『MY WAY』難波章浩-AKIHIRO NAMBA-

この曲、なんだか色んなものを超越してもはや「抱きしめたい1曲…」。「この10年」の「オレの曲」!!!

オレはオレの道を歩んできた これからもオレの道を行く
おまえもおまえの道を歩くんだ 今やりたいことをやればいい
オレは新しい世界に踏み出す 今度は1人じゃなく


PUNK ROCK THROUGH THE NIGHTPUNK ROCK THROUGH THE NIGHT
(2011/02/09)
難波章浩 -AKIHIRO NAMBA-

商品詳細を見る


この10年の道のり

ハイスタこと我らがHi-STANDARDのボーカル&BASSの難波章浩さんの新曲です!ハイスタがAIRJAM2000以降、活動停止している間の難波さんのこの10年の苦悩と葛藤、そしてそれらを乗り越えて新たな境地に立った突き抜けた爽快感がそのままメロディになったような素晴らしい曲。


自分にとってもAIRJAM2000の頃、世間も何もわかっちゃいないただのティーンだった自分が、こうして社会人になり、結婚し、子どもが生まれ父親になり、ハイスタの3人が初めてAIRJAMを成功させた頃と同じ年齢に差し掛かった。そういう自分のこの10年とがごちゃ混ぜに折り重なって共鳴してしまった不思議な感覚なんです。

なんでもないただの凡人であっても、10年という歳月が流れれば、そのなかには壁にぶち当たったこともあれば苦悩に苛まれたこともある。自分の思いどおりになんて行かないことが多々あることも知る。そのなかでもがいてもがいて、いつしか気づいてみたら、アレ?そんなことで悩んでたのかオレは?っていう拍子抜けするほどの脱皮感覚、つまり成長。

で、成長したなオレもって少しだけ思いつつも、やっぱり「STAY GOLD!!!」と叫んでいたKIDSだった頃と何も変わっちゃいないなぁ、なんてことも思う。そんな悲喜交々なこの10年がシンクロしてしまったんですねぇ…。

そんな曲「MY WAY」が収められたNEWミニアルバム『PUNK ROCK THROUGH THE NIGHT』がいよいよ2/9発売!

いつだって金ピカ、いつだってパンク

でね、一つだけモノ申したい!今回のアルバムのプロモーションにおいて、よく「ハイスタの難波章浩がパンクでミュージックシーンに戻ってきた!遂に解禁される難波章­浩のパンクロック」っていう触れ込みをみるけど、これが疑問。

だってさ、難波さんずっとパンクだったでしょ。いくらやれテクノだ、やれアンビエントだ、やれピコピコだと言ってもオレはパンクとして聴いてたよ。

この10年の難波さんの活動を見てくださいよ。

難波 章浩-AKIHIRO NAMBA- OFFICIAL WEB SITE BIOGRAPHYより

ULTRA BRAiN
AIR JAM 2000の後、沖縄に移住し、DIYでスタジオを建築、打ち込みの音楽制作を追求。
2005年、呉我音響を設立し、V2 RECORDSと契約。「TYUNK」、「なんばあきひろ&宇宙船地球号」と2つの名義でシングルを同時リリース。2006年にはULTRA BRAiN名義でシングル「GHOST BUSTERZ」、DJ KENTARO、ARRON JEROME等が参加したリミックスEP「ULTRA MiX」、アルバム『NEO PUNK』をリリース。国内のみならずイギリスのV2からも海外リリースを果たした。

難波章浩-AKIHIRO NAMBA-
2010年3月 ソロアーティスト難波章浩-AKIHIRO NAMBA-としてミニアルバム「THE WORLD is YOURS!」をリリースし本格始動!!
Hi-STANDARD以来11年振りとなる FUJI ROCK を皮切りに立て続けに大型フェスに出演し圧倒的な存在感で各地で難波旋風を巻き起こし復活をアピールした。

これ以外にも2008年にはFree Tibetのコンピレーションアルバムに参加、2009年にはその日本版を難波さん主導で発売もした。

全部1人で、DIYでやってきてるのよ。それに「GUIDING STAR」も「グッドエモーション」も「夢よ、舞いおどれ!!」も、「GhostBusterz」も「REBIRTH」も「OurSong」も「JUMP JUMP JUMP」も最高じゃん!!!

1人でも表現する方法を学び、自分の音を追い求め、いち早くmixiなんかでファンに語りかけ、変化することを恐れなかった。

「PUNK IS ATTITUDE,NOT STYLE」 by Joe Strummer

難波さんのこの「ATTITUDE」こそパンクと言わずして何と言う。いつだってパンクだよ。だから「ハイスタの難波章浩が2011年、現在進行形のパンクを鳴らす!」とかでいいんじゃないかなぁ、とか余計なことも思ってしまうんですよねぇ。

難波さん、あんたいつだって金ピカのままだよ!!!

他アルバム↓
THE WORLD iS YOURS !THE WORLD iS YOURS !
(2010/03/03)
難波章浩 -AKIHIRO NAMBA-

商品詳細を見る


NEO PUNKNEO PUNK
(2006/03/22)
ULTRA BRAiN

商品詳細を見る


その他ハイスタ関連エントリー↓

Oi!Yeah!! "MY HEART FEELS SO FREE"!!!

『Let The Beat Carry On』KEN YOKOYAMA 2010年度・自分的ミュージック・オブ・ザ・イヤー
スポンサーサイト

COMMENT

全く同じ気持ちです。難波さんは昔も今も、いつだってパンクですよね。
早くも次のアルバムが待ち遠しいですね?

2011.02.10| URL| 通りすがり #- [編集]

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。