You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関根勤の妄想術で、今この瞬間の豊かさを捉まえてみる!

現在の自分や、自分を取り巻く環境が、かって夢見ていたようなキラキラ輝くものから程遠く、なんとなーく平凡なままに日常が過ぎていく。あるいは夢破れ、それこそ屈辱にまみれた日々を送っていて、自分に誇りが持てない、なんて感じること、ありません?

そんなあまり良きものと感じられない日常が、なんだか少しだけ良いものに思える方法を発見しました!

それは関根勤が喋っていた「プラス20歳妄想」です!

「プラス20歳妄想」って何なの?

「プラス20歳妄想」とは少し前になるんですけど、2010年10月29日に放映された『アメトーーク』の「嫁大事にしてる芸人」の回。ここで関根さんが喋っていた「年齢に20歳プラスした自分になって、今の嫁をみることでより若くみえる」妄想のことですね。

これ考えれば考えるほど、幅広く応用可能で、今この瞬間の永遠性を捕まえる感度を上げるための最良な方法なんじゃないかと思えてくるんです。

で、その「プラス20歳妄想」って具体的にどいういうものなんでしょう?

うる覚えなんですけど番組で関根さんはこんなことを言ってました。

「今僕は55歳なんですけどね。

20年前の35歳の時の嫁の写真を見るでしょ。

そうすると、「俺はあの時嫁の美しさを本当に満喫したのか?」ってすごく思うんですよ。

今の自分ならもっと35の時の嫁を好きでいれた。

そうやって考えると20年後の自分も今と同じように後悔するに違いない。

だから今の自分の年齢に20歳足して75歳の自分を妄想して今の嫁を見る

するともうすげえいい女だって思えるわけですよ」

「あの時は良かったな~」と言うであろう今を過ごしてる

よく「あの時はよかった」とか「あの頃の俺は輝いてた」とか、現在の自分と比較して過去の自分、または自分を取り巻く状況をかなり美化してしまうクセって、結構誰にでもあるでしょ。

あえてその主張にのっかって考えるとね、その「良かったな~」と思い返してる過去って、その時は別にそんなことあんまり思ってないことが多い。

てことはつまり、今この瞬間も、時が経てば〝「あの時は良かったな~」と言うであろう今を過ごしてる〟ってことなんですよ!

仮に今がどうしようもなく堕落した生活で誇れるものが一切なかったとしても、「過去のそういうダメな経験があったからこそ今がある」とかさ、そうやってポジティブに思えるようになることだってあるでしょ。

だから何も誇れるようなことがない、いたって平凡な今この瞬間であっても、将来の自分から見れば、それはそれはもう光輝く瞬間なわけですよ。それを今、捉まえるのがこの方法なんです!

こんなふうに使ってます

じゃあ具体的にどうするかっていうとですね、自分の場合は例えばこんなふうに応用しています。

例:娘が自分の胡座の上に座って遊んでいる何気ない日常のひと時

→これを自分も含めた姿を写真に撮るように客観的に想像してみる

→そして20年後、娘の結婚式の日に昔を思い出してる気持ちになって捉えてみる

→するとなんでもない今がそれはそれはもうかけがえのない瞬間だと噛み締められる

とかこんな感じ。

ちなみに必ず20年後じゃなくても10年後だろうが30年後だろうが、その辺は妄想した情景に合わせて変えればいいんです。

いずれにしてもねぇ、日常なんてのはほとんどの時間が大したこともなく淡々と過ぎていくんですよ。でもその大したことのない時間のなかに、ちょっとした感動だったり、発見だったり、成長だったりが紛れ込んでいる。その時は気づかないのに、そういうものが後から羨望の気持ちを持って呼び起されるんですよね。

だったらそれを今この瞬間、感じていないのはもったいないじゃないですか。「プラス20歳妄想」。たったそれだけで案外毎日がほんの少しだけ充実したものになりますよー。

『WALK THIS WAY』RHYMESTER

輝いてる 今この瞬間 逃さないよう We Lock The Mic 褒め称えよう
輝いてる 今この瞬間 逃さないよう 手を叩いて褒め称えよう

ありふれた苦悩にまみれた一生 だがそこじゃあんたがマジで大将
いつか見た夢と気がつけば一緒 だからもう大丈夫


スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。