You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『35歳までに読むキャリア(しごとえらび)の教科書 就・転職の絶対原則を知る』渡邉 正裕 焦って、でも楽しむキャリア論

焦るわ~………。

35歳までに読むキャリア(しごとえらび)の教科書 就・転職の絶対原則を知る (ちくま新書)35歳までに読むキャリア(しごとえらび)の教科書 就・転職の絶対原則を知る (ちくま新書)
(2010/10/07)
渡邉 正裕

商品詳細を見る


年功序列・終身雇用が崩壊した時代の新しいキャリア論をまとめた一冊。就職氷河期以降、だいたい35歳以下のキャリア形成に敏感なビジネスパーソンならぼんやり漠然と考えていそうなキャリア論を、動機、能力、実際の職務内容の3つのフレームに落とし込んで明文化し、教科書的に整備した内容です。

時代背景と総論を序盤に示し、そのあと「動機を顕在化するには」「能力を開発するには」「望む仕事内容に就くには」と各論にクローズアップして展開される構成。また実際に筆者がインタビューしたビジネスパーソンの事例を7つ盛り込んで具体的な解説もはさみこんでいます。

本書によると、大卒者なら社会に出て10年以内、30代前半までに、上記の「動機」「能力」「実際の職務内容」の3つが合致した仕事を実現することを目標にしなければならない、としています。

なぜなら日本の法体系では正社員は定年まで雇うことが大前提となっているため、会社のカルチャーを吸収してもらうには35歳まででないとのびしろが無い、と判断されるからなのです。

ですから35歳までに、社内でだけ通用するスキルではなく、どこでも持って行けるポータブルスキル(稼げる能力)を自ら意識的にかつ戦略的に身につけていかなければいけない。これを理解せずに無自覚に過ごすと、40歳で給料が頭打ちになり、むしろその後は下がっていく。だからみんな焦ろう、ってことですよ。

あなたがもし、どう考えてもポータブルスキルが身に着かないような環境で日々仕事をやらされているなら、社外に職を求めるか、社内異動を実現させるか。いずれにしても目の前のお給料の額ではなく、携わる仕事から身につくスキルが将来的に広く通用するのものなのか?という視点で自分の仕事を俯瞰する必要があります。

筆者が取材をした7人のビジネスパーソンの事例は、個々の能力が相当優秀でハイスペック。正直多くのビジネスパーソンには自分を投影しづらいだろうなぁ、という印象も受けます。が、こんなに優秀な人がこれだけキャリアを真剣に考えているのに自分はこれでいいのか?と、焦りを生じさせ、自分なりに置かれた状況で手を打たなきゃ!?と行動に駆り立てる効果はあるのかな~という気がします。

こうやって書くと、結局は人との競争か…、とも捉えられるのですが、決して本質はそうじゃない。あくまで人との差別化を図り、競争なくして自分の仕事を確立し楽しむできることを目指す、と考えたほうがいいでしょう。そうじゃないと焦って追い立てられるだけじゃ消耗するだけですから。自分を成長させることを楽しめ、ってことです。ドラッカーもこう言っていますから。

自らの得るべき所を知るのは自らである。高い要求を課すのも自らである。飽きることを許さないよう予防策を講ずるのも自らである。そして、仕事を心躍るものにするのも自らである。

社内移動するにせよ、転職するにせよ、結局は一日一日の努力の積み重ね。当たり前だけど地道に実績をつくり、周囲にさりげなくアピールしたり、または協力したり感謝したり、そういう積み重ねこそが自分の目指すキャリアを手繰り寄せようとする時に一番効いてくる。つまりはこの一連の流れをメタ的に、戦略的に行うための視点を得ることに本書は大きな助けとなるのではないでしょうか?

若手ビジネスパーソンはもちろん、35歳以上のリーダー、マネジメント層へも、部下はどういう環境におかれ、何を考えているのか?を知る為にぜひご一読を。

35歳までに読むキャリア(しごとえらび)の教科書 就・転職の絶対原則を知る (ちくま新書)35歳までに読むキャリア(しごとえらび)の教科書 就・転職の絶対原則を知る (ちくま新書)
(2010/10/07)
渡邉 正裕

商品詳細を見る


筆者の他著書
やりがいある仕事を市場原理のなかで実現する!やりがいある仕事を市場原理のなかで実現する!
(2008/10/24)
渡邉正裕

商品詳細を見る


若者はなぜ「会社選び」に失敗するのか若者はなぜ「会社選び」に失敗するのか
(2007/02/23)
渡邉 正裕

商品詳細を見る


これが働きたい会社だ  社員が教える企業ミシュランこれが働きたい会社だ 社員が教える企業ミシュラン
(2004/11/11)
渡邉 正裕

商品詳細を見る
スポンサーサイト

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2013.05.25| | # [編集]

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。