You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケル・ジョーダン殿堂入りセレモニー 限界は幻想に過ぎない

現在46歳のマイケル・ジョーダン。どれだけ歳を重ねても、マイケルはやっぱりマイケル・ジョーダンのままでした。

マイケルジョーダン

もう1ヵ月半も前のことですが、2009年9月11日、NBAのスーパースター、マイケル・ジョーダンの殿堂入りセレモニーが行われました。

確か殿堂入りは引退してから5年以上経った人が対象だったはず。20代半ばの全盛期バリバリの頃からずっと観てきたので、そんなに時が経ったのか…と感慨深い思いにふけってしまったのでした…。

以前殿堂入りについて聞かれた際に
「殿堂入りしてしまったら自らNBA復帰の扉を閉めてしまうことになるから殿堂入りは先でいい」

なんてことを答えていて、常に限界を認めないマイケルらしさが詰まったコメントだなと微笑ましく思ったのを記憶しています。

今回こうして殿堂入りが認められセレモニーが催されることで、遂にマイケルも頑なに拒んできた「常に開かれている可能性の扉」を閉めざるをえなくなったのだと、時を重ねる中でいつしかマイケルも現実との折り合いをつけざるをえなくなったのだと、勝手に考えていました。

しかしマイケルはやっぱりマイケルのままでした。セレモニーのスピーチの締めくくりの言葉。

One day, you might look up and see me playing the game at 50. Don't laugh. Never say never,
そのうち、皆さんは私が50歳でバスケットボールをしている姿を見ることになるかもしれません。笑わないでください。絶対ないとは決して言いません。

because limits, like fears, are often just an illusion.
何しろ、多くの場合、限界も、恐怖と同じように幻想に過ぎないのですから



限界は幻想に過ぎない…。

誰もがムリだと思うことでも、むしろムリだと思うことだから挑戦する!というマイケルの飽くなき闘争心は、少しだけふっくらとしたように見える今でも燃え盛っていて、やっぱりマイケルだなと無性に胸が熱くなったのでした…。

マイケルなら本当に50歳になって復帰し、世界中を驚かせるかも!?と、リアルに思わせてくれるところが常人離れしたバスケットボールの神、マイケルジョーダンたる所以なのでしょう。

ちなみにスピーチは全部で「23」分間…。ほら…、心にく過ぎですね…。

動画↓
ピッペンやクーコッチ、バークレーなど90年代のNBA好きにはタマラナイ顔もチラホラ見えます!


関連記事
神の復活祭!?“神様”マイケル・ジョーダン50歳!
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。