You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『地頭力を鍛える‐問題解決に活かす「フェルミ推定」』細谷 功

前回、「問題解決力」というところについてまとめたのですが、今回もそれに関連する書籍を読んでみました。「問題解決」するための「地頭力」。この「地頭力」とはどんなことか?それを鍛えるため「フェルミ推定」ってなんなのか?そして地頭力の構成と今後それをビジネスにどう生かしていくかについてまとめた書籍です。

最近「地頭がいい」ってよく言いますよね。できる人=「地頭がいい」みたいな。まぁ地頭という言葉の定義さえよくわからないまま使っていたわけなんですが、こちらの本を読んでそれが明確になりつつ、というかこの力を持ってないと今後マズイじゃん…って気付かされる内容でした。。

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
(2007/12/07)
細谷 功

商品詳細を見る


【目次】

はじめに

第1章 「地頭力」とは何か

第2章 「フェルミ推定」とは何か

第3章 フェルミ推定でどうやって地頭力を鍛えるか

第4章 フェルミ推定をビジネスにどう応用するか

第5章 「結論から考える」仮説思考力

第6章 「全体から考える」フレームワーク思考力

第7章 「単純に考える」抽象化思考力

第8章 地頭力のベース

第9章 さらに地頭力を鍛えるために

おわりに



【気になった所】
■地頭力とは「考える力」の基礎となるものであり、3つの思考力(仮説思考力、フレームワークの思考力、抽象化思考力)と、ベースとなる3つの力(論理思考力、直感力、知的好奇心)から構成される

■仮説思考力 → 結論から フレームワーク思考力 → 全体から 抽象化思考力 → 単純に
考える力である

■「フェルミ推定」とは、つかみどころのない物理長を短時間で概算すること 例:「東京都内に信号機は何基あるか?」「世界中にサッカーボールはいくつあるか?」など

■フェルミ推定は伝統的にコンサルティング会社の採用面接などで「地頭力」を試すための質問として用いられた

■フェルミ推定は問題解決の縮図であり、簡単に作成できて内容も身近であることから、地頭力を鍛えるツールとして非常に有用である

■フェルミ推定の意義は、個別の問題そのものを解けるようになることよりも、その基本精神やプロセスを身の回りの問題解決に適用していくことである

■我々の中には「検索エンジン中毒」「情報コレクター」「完璧主義」「猪突猛進」「セクショナリズム」「経験至上主義」などのような思考回路が潜んでおり、これらが具体的にフェルミ推定の精神を学ぶべき対象としてあげられる

■仮説思考とは、①今ある情報だけでもっとも可能性の高い結論(仮説)を想定し、②常にそれを最終目的地として強く意識して、③情報の精度を上げながら検証を繰り返して仮説を修正しつつ最終結論に至る思考パターンのことである

■仮説思考を「最終目的地から逆算して考える」ととらえると応用範囲が極めて広く、「初めからでなく終わりから」「できることからでなくやるべきことから」「自分からでなく相手から」など「ベクトルを逆転させる」という発想全体に応用が可能である

■仮説思考におけるポイントは①どんなに少ない情報からでも仮説を構築する姿勢、②前提条件を設定して先に進む力、③時間を決めてとにかく結論を出す力

■プレゼンの場面で、まず報告したい議題を説明しここの報告に入る手順を取る人は「ベクトルが逆転できていない人」。「ベクトルが逆転できている人」この報告が相手にとってどういう意味があり、相手にどうしてほしいか、を最初に伝える

■「限られた時間でとにかく答えを出す」 → プレゼンにおけるQ&Aの質問に対しては「とにかく何か答える」姿勢が大事。

■フレームワーク思考の目的は、「思考の癖を取り払って」①コミュニケーションを効率的に進めるとともに、②ゼロベースで斬新な発想を生み出すこと

■人はみな独自の経験や知識に裏付けされた独自のものの見方を持っており、コミュニケーションに強い影響を与えている

■フレームワーク思考の全体のプロセスは、①全体俯瞰、②「切り口」の選択、③分類、④因数分解、⑤全体再俯瞰とボトルネックの発見

■抽象化思考力によって応用力を飛躍的に向上させることができる → 「例え」が重要

■抽象化思考力の基本プロセスは、①抽象化、②解法の適用、③再具現化の3ステップである

■抽象化思考力に必要なポイントは、①モデル化、②そのための枝葉の切り捨て、③アナロジーの考え方

■抽象化の概念の基本は「共通点を探す」こと。これは人間の「かんがえる」という行為の基本といえる

■「論理」と「直観」は地頭力のベースとしての両輪を構成する

■知的好奇心は地頭力の最も根源的な原動力となるものである

■知的好奇心には問題解決型(Why型)と知識型(What型)があり、地頭力を鍛えるに当たっては全社が有益

■フェルミ推定とは問題解決の方法論として、その考え方を実際の複雑な問題に対して活用してこそ意味がある

■フェルミ推定の訓練として、通勤電車や街を歩きながらの「3分間事業シュミレーション」が役に立つ

■エレベーターテストで「いつでも」「短時間で」答えられるように頭の中を整理しておく訓練ができる

■30秒チェック → ビジネスの場だけでなく、一冊本を読み終わったら、読後に「この本のキーメッセージは何か」「30秒で説明するとしたらなんというか」と考えてみる。そのほかテレビ番組でも講演会でも適用できる

■自分自身を30秒でどう説明するだろう? → 自分の本質を突きつめて考える必要がある。転職活動においても必ずこれをやる

■レストランに行ったりCMを観たりしながら「自分だったらこうする」というのを常に考えるぐらい高い問題意識を持つ

【感想】
最後のところに「30秒で本のキーメッセージは何か考える」という訓練方法が出ていたので、実際に試しにこの本のキーメッセージを抽出すると「情報化がますます加速する現在の状況の中で、自分の頭で考えるフェルミ推定の構造・精神姿勢を理解して陳腐化することのない地頭力をつけ、普段のビジネス・生活に適応させることで、圧倒的な生産性を手にすることができる」といったところでしょうか。地頭力の良い人=自分の頭で物事の本質をとらえ行動に移せる人、ととらえました。

読む前はフェルミ推定に絞った解説とその問題集のようなイメージを勝手に持っていたのですが、そうではなくもっと広い身でフェルミ推定の構造を活用していこうというところの解説に大きくページを割いており筆者の強いメッセージを感じました。

また頻繁に図を使用して解説されており、ビジュアルとしても頭に入ってくるのでこのあたりは非常にわかりやすく構成されていました。

本の中で地頭力のチェックリストというものがあり、問題を出されたときの反応として2つの相対する反応(A.面白そうだからすぐやってみよう B.なんだか難しそうだなぁ など全部で10項目)が表になっていて、試してみたところ見事に「地頭力C級」というもちろん最低の結果が出ました!!完全に自分の思考停止状態が明かされてしまったわけですが、これはフェルミ推定を使って地頭力を鍛えることが可能とのことなので、とにかくこの思考停止状態を改善しなければと心に誓ったわけなのです。


フェルミ推定は身の回りにあるもので簡単に自分で問題が作れて、自分で解くことができるので、通勤時間などを使ってやってみること、とあったのでとりあえず、何かやってみよう!ということで今このブログを書いている自分の目の前に、うちの猫の写真があるので、ここから問題を創って解いてみたいと思います。

Q.「現在日本全国に猫は何匹いるか?」を解いてみます。

日本全国の猫の構成 ①飼い猫 ②野良猫

①飼い猫 日本の世帯数 × 10世帯に2世帯が飼っていると推定 × ひと世帯平均1.5匹と推定 = 1億2千万人 ÷ 2.7(ひと世帯当たりの人数) ÷ 5 = 4400万 ÷ 5 × 1.5 = 1320万匹

②野良猫 おおよそ人間1人当たり1匹と想定 = 1億2千万 ÷ 10 = 1200万匹  

①+② = 1320万匹 + 1200万匹 = 2520万匹

A.従って現在日本全国に2500万匹前後の猫がいると概算されました。

ちなみにこれはほんとに何も調べず自分の持っている知識だけで5分ほどでやってみました。さて実際はどうでしょう。。

Googleで「猫 全国 数」で検索したころ
http://www.jppfma.org/shiryo/chart2004/01.htmlというところで2004年のデータとして飼育頭数1163万5千頭となっておりました。おー飼い猫に関しては意外と近い!

では野良猫のほうは、、、と、いろいろ検索したのですが、結局はよくわからずじまいでした。。。ということで実際の所トータルの数はよくわかりませんでしたが、どうなんでしょうね。ちょっと多いかなという気もしますが…。

と、まぁこんな感じで身近なもので簡単にフェルミ推定できるんですねぇ。実際にやってみて感じるのは5分とか3分とか時間に制約を設けることによって、まずはなんでもいいから答えを出すことに集中せざるおえないということ。野良猫のとこなんて、何にも知識もないからどう計算するかほんと迷ったんですが、普段目にする猫のおおよその印象という、この1点しか手がかりがないから、えいやっとやってしまいました。

ほんとはもっと答えの精度を高めようと思えば、上でいう野良猫の部分をもっと細かく計算しなければいけないんですけど、大事なのは限られた時間の中でなにかしらの答えを出すことであり、細かく分析していて時間切れで答えが出ませんでした、ではダメなんですね。。

問題を考えるにあたってやはり重要なのは、答えを出すために全体のプロセスをどう構成するかを初めに考えること。ここでいったら猫は大きく買い猫と野良猫に分かれると考え、それぞれの再分化した構成要素を当てはめていく順序が何より重要だと感じました。ここでもしとりあえず、自分で分かっている飼猫の数を先に細かく計算して、後は…なんだろ…、と考えるとたぶん時間内には終わらないような気がします。

この時間の制約を設けて全体の構成を先に作ってから細かい分析に入り、計算実行して細かい調整をしていき答えを出す、というフェルミ推定の考え方の構造を、仕事などに活かしていくことで、私たちはより大きな生産性を手に入れられるのですね。

というわけで、フェルミ推定、問題作ろうと思えばもう無限につくれるので、これで地頭力を鍛えて、実際の仕事に活かしていくということを実践していきたいと思います!

この本はなかなか読み応えありですよー!!

筆者の別書籍↓
いま、すぐはじめる地頭力いま、すぐはじめる地頭力
(2008/06/11)
細谷 功

商品詳細を見る


今年の頭に話題になったムック本↓
Think! WINTER 2008 no.24Think! WINTER 2008 no.24
(2008/01/18)
東洋経済新報社

商品詳細を見る
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。