You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『建築家 安藤忠雄』安藤 忠雄 光と影

言わずと知れた建築界の重鎮、安藤忠雄さんの自伝。

このジャケからも表されている〝光と影〟のコントラストに潜む厳粛で凛とした空気感。そのようなものが、この偉大なる建築家の貫徹な生きざまを象徴しているかのように感じられます。そして〝影〟の部分に潜む、厳しい現実の制約や泥臭さ。ここから目をそらさずに、むしろ身体を張ってそこに居続け闘い続ける姿勢にこそ、我々が見習うべき真理があるのです。

建築家 安藤忠雄建築家 安藤忠雄
(2008/10)
安藤 忠雄

商品詳細を見る


建築とは表現芸術の一つである一方で、それをつくるのに多額な資金と多大な人間の動員を要する、極めて社会的な生産行為である。そこには経済と直接絡むゆえの利害関係、表現の問題とは別次元のドロドロとした現実のしがらみがあり、個人の抱く夢などは、その圧倒的な力の前に簡単に押し潰されてしまう。

こういう厳しい現実の中で、いかに安藤さんは自分の夢を実現できたのか?安藤さんがとった行動と姿勢が、濃い密度で次から次へと書かれていてますが、その中で3つの点に着目しました。

①自分で勝手に考える

街を歩いて空地などを見つけると、「じぶんならここに、こうつくる」とか、「ここが、こう開けていたら、面白い風景が出来るだろう」と言う具合に、自由気ままにスケッチを描く。頼まれもせずに人の土地で勝手に考えるわけだから、それを土地所有者に持ち込んでも、迷惑がられるのが常だったが、時折、そんな私の話を面白がって聴いてくれる人がいた。

六甲にある、断崖絶壁に立てられた集合住宅。この集合住宅は3期にわたって拡張を続け、今に至ります。当初は1期のみの依頼だったそうですが、その隣の土地、山の反対側の土地の構想を勝手に考え、提案したのです。その時は相手にされなかったそうですが、後になって依頼が舞い込んだことで実現してしまいました。
六甲集合住宅
②アイデアをストックしておく

何もないところから自分で考え、アイデアをストックしておけば、いざという時に、すぐ動けるから、チャンスを掴みやすくなる。あるいは、それを上手く社会に対しプレゼンテーション出来れば、クライアントや、仕事の方からやってきてくれる可能性があるかもしれない―。

安藤さんは思いついたアイデアをそのままにせず、必ず図面を書いて模型まで作るそうです。すると全く関係のない仕事の依頼を受けた時に、そのアイディアが掘り起こされて実現したという事例がいくつも出てきます。例えば東京メトロの渋谷駅の〝宇宙船〟と呼ばれる吹き抜けの構造。六甲集合住宅
これは、かって大阪の公会堂の再生をテーマにしたプロジェクトで構想していた〈アーバンエッグ〉と呼ぶアイデア。この際には実現をしなかったそうですが、渋谷駅のプロジェクトでこの〝卵〟が呼び起され実現するのです。

③忍耐力

「……現実の社会で、本気で理想を追い求めようとすれば、必ず社会と衝突する。大抵、自分の思うようにはいかず、連戦連敗の日々を送ることになるだろう。それでも、挑戦し続けるのが、建築家という生き方だ。あきらめずに、精一杯走り続けていけば、いつかきっと光が見えてくる。その可能性を信じる心の強さ、忍耐力こそが、建築家に最も必要な資質だ…」

最後はやはりこれです。心の強さがなければ闘えません。。

表参道ヒルズのプロジェクトは、まさに混迷を極め、最初の打診を受けてから12年の歳月を費やしています。
表参道ヒルズ
関係者は皆、表参道という場所に強い思いれがあり、建て替えに関して違う考えを持っているのです。その中で予定調和にまとめるのではなく、妥協をせず同じ主張を続けることと、寄せられた意見に対して応じるか否かではなく、必ず応えるようにしたそうなのです。こうしたプロセスをあきらめずに実現を信じて、一つ一つ積み重ねていくことが建築家の姿勢だと述べています。


本文中に、安藤さんの姿勢を表す言葉として〝ゲリラ〟というものがよく出てきます。いい意味で、″影〟の部分に居ながら、いかに用意周到に、しぶとく、徹底して準備ができるか?

それがパッと光を当てられたときに、チャンスをものにできる秘訣なのでしょう。見習わなければならない点がたくさんあります。

当然のことながら、本書は建築の関係者のみならず、より多くの方が応用できる内容です。ぜひご一読ください。

安藤忠雄の建築 1 (1)安藤忠雄の建築 1 (1)
(2007/03/25)
安藤 忠雄

商品詳細を見る


安藤忠雄 (ニューベーシック)安藤忠雄 (ニューベーシック)
(2007/07/31)
古山正雄

商品詳細を見る


連戦連敗連戦連敗
(2001/09/03)
安藤 忠雄

商品詳細を見る
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。