You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〝三沢光晴〟というストイックなまでの優しさ。。。

嗚呼……三沢光晴さんっっ………。
三沢光晴


【速報】プロレス三沢光晴さん死亡 広島で試合中 バックドロップ頭強打 2代目タイガーマスク 46歳

13日午後8時半すぎ、広島市中区の広島県立総合体育館で、プロレスラー三沢光晴さん(46)が試合中に相手の技をかけられて頭を強打。病院に運ばれたが、間もなく死亡が確認された。

衝撃的過ぎて、身動きがとれません…。

こんなことは本当は言いたくないのだけれども、本当にお疲れ様でした。ゆっくり休んでください。

元々新日本プロレス信者であった私は、彼の四天王時代をリアルタイムで知りません。

新日王国で闘魂三銃士に傾倒する傍ら、対岸の全日王国に〝三沢光晴〟がいるということは当然気になっていました。

しかし本格的に三沢さんのプロレスを見るようになったのは2000年にNOAHを立ち上げてから。
衝撃的なNOAHの旗揚げ戦や、新日本、ZERO-ONE、全日に散らばった三銃士との遭遇…。

三銃士を通して初めて覗いた三沢さんとNOAHのプロレスの世界は、それはそれは素晴らしいものでした。

言葉ではなく、肉体を通して相手と会話するようなプロレス。闘う相手とのひとつひとつの技の応酬に、己の限界にどこまで近づけるかを高め合うようなプロレス。「妥協」というものが一切無いプロレス。そんなNOAHのプロレスにいつしか私は魅了されていました。

それは三沢さんが馬場さんの全日で受け継ぎ培ってきた三沢光晴の生きざまそのものが投影された純度100%の純粋なプロレスそのものでした。

時にエグすぎると揶揄される三沢さんのプロレス。それはプロレスファンからの「期待」に対する返答を、極限までに突きぬけるほどに高めて返そうとする、ストイックなまでの優しさだったのだと思います。

そう、三沢さんはストイックなまでに優しかったのです。

惜しむらくは、プロレスの神までがその優しさに甘えてしまったこと。。。

盟主を失ってしまったプロレスの方舟はこれからどこへ向かうのでしょうか…。

三沢さんが生み出した小橋戦、川田戦、秋山戦をはじめとする、数え切れないほどの色褪せない名勝負。これらの名勝負は、今後プロレスというものが深化し進化する時に、必ず立ち戻るべき原点のプロレスであるというように思います。

三沢光晴は優しかった。やっぱり強い男とは、優しいのです。

三沢光晴!本当にありがとう!!!「ミサワ!ミサワー!」







PRO-WRESTLING NOAH 三沢光晴 [DVD]PRO-WRESTLING NOAH 三沢光晴 [DVD]
(2003/03/21)
プロレス

商品詳細を見る
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。