You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『魂のゆくえ』くるり くるりmeetsロック!

「くるりmeetsロック」。そんな感じのアルバムです!

魂のゆくえ魂のゆくえ
(2009/06/10)
くるり

商品詳細を見る


いやいやロックバンドのくるりが、何で今さらロックと出会うのよ、って感じですよね。。。

これまでのくるりは、自分たちに内在するロックと、テクノ、ダンスミュージック、エレクトロニカ、クラシック、など異なるジャンルと出会ってしまった時の湧き上がる化学反応をパッケージングしてたんですね。前作の『ワルツを踊れ』しかり『TEAM ROCK』しかり、リップ・スライムとのコラボしかり。

例えるならね、鎖国してた日本人が黒船の来襲で異文化の強大さに触れ、化学反応が起きて一気に革命が起きた「明治維新」みたいなもんなんですよ。これまでの音源は。

今回はそれとはちょっと色合いが違う。

今までの革命一個一個も全部含んだ大きな流れとして、くるりの中にあるロック。それが、チャックベリーからはじまるロックの歴史…、いやもっといえばロックが必然的に生まれざるおえなかった人間の生命の歴史ともいうべきか…。そんなものと呼応してできた一枚。というように感じたんです。

いわばロック史とコラボしてるんだけど、結果、人類の歴史とコラボしちゃってます、というような。。。

太陽は言った
今日までの日々は
永遠じゃなくて
そう 一瞬だったさ

『太陽のブルース』より

自分が生まれる前の気の遠くなるような生命の進化の歴史。それは自分にしてみたら一瞬のことでしかないのだけれども、確実に自分のなかにもそれが内在している。そんな内なる小宇宙を通過して出てきた壮大でいながらも空気のように軽やかなロック。それが『魂のゆくえ』。

はい、抽象的なことしか言ってません…。ま、そんな風なことを妙に感じさせる音源だから仕方がない…。

とりあえずピアノの旋律とベースのグルーブ感が美しすぎです~!聴き込むと表情がまた変わってきそうな1枚ですね!



ベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVERベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVER
(2006/07/26)
くるり

商品詳細を見る


ワルツを踊れ Tanz Walzerワルツを踊れ Tanz Walzer
(2007/06/27)
くるり

商品詳細を見る


NIKKI(初回限定盤DVD付)NIKKI(初回限定盤DVD付)
(2005/11/23)
くるり

商品詳細を見る


TEAM ROCKTEAM ROCK
(2001/02/21)
くるり

商品詳細を見る
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)

魂のゆくえくるりビクターエンタテインメント発売日 2009-06-10くるりらしいアルバム 2009-06-16岸田は、何れの曲も弾き語りで歌えるような、シンガーソングライター的な作品だと言っていたが、その通り、非常に歌モノなポップソングが詰まっている。ロッ...

甘村商会 | 2009.06.30
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。