You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『パンク・ロック/ハードコア史』行川 和彦 ストレート・エッジな生き方

PUNK/HARD COREの概念、総俯瞰な一冊。

パンク・ロック/ハードコア史パンク・ロック/ハードコア史
(2007/02/22)
行川 和彦

商品詳細を見る


パンク/ハードコアという屈強な信念に基づいた音楽を、「音の変遦」「地域」「思想と文化」という3つの視点から横断的、深層的に解説する一冊です。よくある単純なディスクガイドとは趣向が全く違います。

音楽的な視点から言えばパンクのゴッドファーザー・イギ―・ポップやパンクの初代女王・パティ・スミスはもちろんのこと、ロックの祖・チャック・ベリーまでに遡り、裾はアングラ界隈の雄・ボーン・アゲインストまで、ムチャクチャ膨大な知識をもとに展開される内容は圧巻の一言。
Raw PowerRaw Power
(1997/04/24)
Iggy Pop & The Stooges

商品詳細を見る

Horses: 30th Anniversary Legacy EditionHorses: 30th Anniversary Legacy Edition
(2005/11/15)
Patti Smith

商品詳細を見る

ベスト・オブ・チャック・ベリーベスト・オブ・チャック・ベリー
(2006/01/25)
チャック・ベリー

商品詳細を見る


パンクという音楽の創出と枝別れの歴史が、いかに背景にある地域、文化、思想、関連付けられているのかがよく理解できます。

この中でも特に今の自分にとって腑に落ちたのは「ストレート・エッジ(Straight Edge)」という生き方。

根柢のコンセプトを一言でいえば、〝他人に文句を言うのであれば自分から正そう〟みたいなことだと思う。政治体制だの権力がどーのこーの言う前に、てめえ自身がビシッとやらねぇとエラソーな主張も無に堕ちる。

ストレート・エッジはもともとNYのハードコアバンドMinor Threatの曲『Straight Edge』から来ていて、簡単に言うと「Don't Smoke,Don't Drink,Don't Fuck」という考え方です。

映像も音も劣悪そのもの…だが、それこそハードコア!↓


よくロックやパンクのイメージとしてあげられる「酒、煙草、ロック」みたいなイメージありますよね。あれがね、どうしてもダメなんです…。受け入れられない…。

音楽のいい所は、言葉や国籍が関係なく感覚だけで誰もが共感できてしまうことや、音楽を通して自由に内面の精神に豊さを与えることができること。

しかし反面そういった〝自由〟が快楽的、堕落的、破滅的なものを許容することにすり替わってしまうことが多々あるんです。そういうところが嫌なんです。なんというか…あの、〝すえた匂い〟と言う言葉でイメージされる胸くそ悪い感覚ですね…。

要するにロックもパンクも従来の規制に対するカウンターなのであって、暴力的に言ってしまえば「自分さえ良ければオッケー」なところも含んでしまうんですね。そこの部分に対する「いやそうじゃないんだぜ!」という決別の意志と、「身も心もシャープ」「人に迷惑はかけない」と言う強固なアティテュードの表明なのです。

簡単にいえばロックやパンクと言う名の〝親〟に対する反抗、だらしない大人に対する決別表明。それがストレート・エッジなんです。

こんなメッセージが80年代のボストンハードコア界隈の体育会系気質の人間に広まったことがこの思想の発端のようです。ハードコアはエナジー発散の一環でもあり、ある意味で自己鍛錬の部分もあるストレート・エッジの生き方がフィットしたのだと述べられています。

ちなみにマイナー・スレッド直結の、あらゆる意味でストレートエッジをポジティブに育んだのがゴリラビスケッツ。音もキャッチーで唯一のアルバムタイトル「START TODAY」に象徴されるように、アティテュードもシンプルなパンクロックに根ざしています。
Start TodayStart Today
(1994/07/31)
Gorilla Biscuits

商品詳細を見る


インターネット上でのファッション・ショッピングサイト「ZOZORESORT」を運営する株式会社スタートトゥディは、代表の前澤さんがパンクバンドをやっていて、このゴリラビスケッツの「START TODAY」から社名を取ったと語っていました。

こんなところにも脈々とストレートエッジの精神は受け継がれていたのですね。自分もロックやパンクとのかかわりにおいて、こういう姿勢を持っておきたいと感じる新しい発見でした。

と、こんな感じで本書はパンク/ハードコアのある意味包括性を持った概念をいろんな角度から書ききっていますから、音楽としてのパンクだけでなく、精神としてのパンクを愛している方には非常に面白く読める1冊です!



パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975‐2003パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975‐2003
(2004/09)
行川 和彦

商品詳細を見る
スポンサーサイト

COMMENT

x

あの、MINOR THREATはNYじゃなくて、D.C.ですよ・・・。

2009.06.15| URL| 12xu #- [編集]

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)

「ゴッドファーザー2 ps3」に関連するブログを新着 10 件表示しています。

ゴッドファーザー2 ps3 | 2009.05.26
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。