You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『THE BLUE HEARTS』THE BLUE HEARTS  今、全ての悩める人必聴の一枚!


眼鏡が無くなってさんざん探しまわった挙句、実はおでこにかけてましたオチのような、灯台下暗し的大発見っす!

幼い頃から聴いていた子守唄に、今の時代を生きてく考え方が全て詰め込まれてた。

そんな、すぐそばにあったものが一番大切なものだったという感覚をおこさせてくれるのは、80年代日本音楽史上、いや日本のロック史上の金字塔的アルバムとも言って良い普遍的名盤ブルーハーツの1stアルバム!

THE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS
(1987/05/21)
THE BLUE HEARTS

商品詳細を見る


ひっさびさに聴いたら、やっぱとんでもねぇっすこのアルバム。

このアルバムが全ての原点、っていう人も多いと思いますが自分も例に漏れず、コレから受けた影響は計りしれません。今さら語るまでもないんですが、多くの人と同じように、自分にとっても子守唄であり、バイブルであり、そしてそれこそレクイエムでもいいよと本気で思ってます。

これまで何度も何度も、音楽的な意味でも精神的な意味でも、一周回ってはこのアルバムに戻ってきて、改めてその深い普遍的な魅力に触れて心を洗われ、そしてまた歩き出す、ということを繰り返してきました。

今回も同じようにこのアルバムに戻ってきたら、あ~、今考えてること、感情はすべてここにあるじゃん…ってな具合で、おこがましいですがここにもう一人の自分を発見してしまったというぐらいの勢い…。

自分がいままであ~でもないこ~でもないと考えてきたり感じたりしてきたこと、すべてこのアルバムに表現されてるんですよ。

1.未来は僕等の手の中

あまりにも突然に 昨日は砕けてゆく
それならば今ここで 僕等何かを始めよう

僕等は泣くために 生まれてきたわけじゃないよ
僕等は負けるために 生まれてきたわけじゃないよ

2.終わらない歌

終わらない歌を歌おう 僕や君や彼等のため
終わらない歌を歌おう 明日には笑えるように

3.NO NO NO

NO NO NO 笑いとばせばいいさ

4.パンクロック

真面目に考えた
僕 パンクロックが 好きだ
中途半端な気持ちじゃなくて
ホントに心から好きなんだ

あぁ やさしいから好きなんだ
僕 パンクロックが 好きだ

5.街

命のあるかぎり 忘れてはいけない
今しか僕にしか できないことがある

6.少年の詩

別にグレてるわけじゃないんだ
ただこのままじゃいけないってことに
気づいただけさ

言葉はいつでも クソッタレだけど
僕だってちゃんと考えてるんだ
どうにもならない事なんて
どうにでもなっていい事

7.爆弾が落っこちる時

いらないものが多すぎる

8.世界の真ん中

誰の上にだって お日様は昇るんだ

うまくいかない時 死にたい時もある
世界のまん中で生きてゆくためには 
生きるという事に 命をかけてみたい

9.裸の王様

どうでもいいこと たくさんかかえて
くだらないことで ビビることはない

見えなくなるより 笑われていたい
言えなくなるより 怒られていたい

10.ダンスナンバー

くだらないことは たくさんあるけど
誰かが決めた ステップなんて
関係ないんだ デタラメでいいよ

人の目ばっかり いつでも気にして
口先ばかり 何もしないで
そんなのちっとも おもしろくないよ
そんなのとっても 退屈なだけさ

時間はまるで ジェットコースター
流星みたいに 燃えつきてしまう

かっこ悪くたっていいよ そんなこと問題じゃない

11.君のため

好きです 誰よりも 何よりも
大好きです 
ごめんなさい 神様よりも

12.リンダリンダ

ドブネズミみたいに 美しくなりたい
写真には写らない 美しさがあるから

決して負けない 強い力を
僕は一つだけ持つ

下手な自己啓発本なんかよりもよっぽど勇気づけられません?

引きこもりだろうがニートだろうがワープアだろうがクソったれだろうがダサかろうかブサイクだろうが、そんなの関係ないじゃん、お前はお前でいいんだよって。時間は有限だから本当に好きなことやれよって。。。

生まれたての赤ん坊のように、根拠もなく自分は何だってできるっていう「全能感」の神経細胞の塊みたいなものが、ダイレクトにむき出しのままゴロっとここにある!

そして初期衝動のエネルギー、弱者によりそう包容力、肯定的尊重姿勢、自己信頼感覚が歌詞にメロディに歌に音に、見事に一つになってパッケージングされています!

いや冗談抜きで改めて、今自分に自信がない人、一歩踏み出すきっかけが掴めない人、自分はこのままでいいのだろうかと思い悩んでいる人、すべての悩める人に聴いてもらいたいアルバムです!!!

ブルーハーツのおススメアルバム↓
YOUNG AND PRETTYYOUNG AND PRETTY
(1987/11/21)
THE BLUE HEARTS

商品詳細を見る


Train-TrainTrain-Train
(1988/11/23)
THE BLUE HEARTS

商品詳細を見る


STICK OUTSTICK OUT
(1993/02/10)
THE BLUE HEARTS

商品詳細を見る
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)

THE BLUE HEARTS/ THE BLUE HEARTS RELEASE:1987.5.21 GENRE:ロックンロール、ハードロック、パンクロック、フォーク・ロック アーティスト解説: 甲本ヒロトと真島昌利の2人を中心として結成さ...

めぐりあい邦楽名盤 | 2012.01.14
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。