You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『海馬―脳は疲れない』 池谷 裕二 糸井 重里 脳は使いつくせる!

誰もが明るく前向きになって自分を肯定できるようになる「脳」の本です!

海馬―脳は疲れない (新潮文庫)海馬―脳は疲れない (新潮文庫)
(2005/06)
池谷 裕二糸井 重里

商品詳細を見る


こちらの一冊は脳科学者の池谷裕二さんと糸井重里さんの「脳」についての対談を記録している本ですが、とにかくこの本とってもイイんです!下の箇条書きを見て頂きたいんですが…

■30歳を過ぎてから頭は良くなる
■脳は一生疲れません。「脳がつかれたなぁ」と思うときは眼が疲れている。
■脳は刺激がないことに耐えられない。
■実践するたびに脳にできていく回路は「二の何乗」で増えていく。経験をすればするほど飛躍的に脳の回路が緊密になる。
■「海馬」の神経細胞は成人を超えても増える
■センスは学べる。新しい認識を受け入れてネットワークを綿密にしていくことが、クリエイティブな仕事というものに近づいていくヒントになる。
■「脳は使いつくせる」と気づけば、どんな年齢であっても、脳の力をのばしていける

これ見てるだけで気持ちがパーっと明るくなって前向きになりませんか?

だって「脳」ってよく成人するとあとは衰えるだけっていうことをなんとなく耳にして、そういうものだと思いこんでましたけど、実は違うってことですよ。何歳になっても、どんなに勉強ができなかろうとも、そんなの関係なく脳は伸びるんです。

では年を取ってからでも脳の回路を綿密にするにはどうしたらいいのか?本文から引用をしてしまいますが、それには

池谷 ある時にふと、「これおもしろいなぁ」と思って、自分の視点に一つ新しいものが加われば、脳の中のパターン認識が飛躍的に増える…。それをくりかえせば、人の考え方というのは驚くほどおもしろいものに発達するんです。
 新しい視点を加えることは自分の努力でもできるし、教えてもらったりして外部から影響を受けることもできる。そのこと自体には、何も難しいことはないというか、誰にでもできることだと思います。

要はただ素直に純粋に身の回りにあることでもなんでもいいから新しい見方を発見すること。たったこれだけですよ。これだけで誰だって脳の回路を増やせる!

人間の「脳」というものを考える時の、容姿とか地位とか名誉みたいな後からとってつけた付属物が一切取っ払われて、人間はつまりは「脳」っていう意味ではみんな一緒なんだよ、って感覚がいいです。

糸井さんもこう言っています。

「脳について研究している池谷さんが、頭のはたらきを『その時その時によって変わるものだ』と捉えている。直観的に、これはおもしろいと思いました。頭のはたらきがひとつの状態だとしたら、自分を『頭の悪いやつ』なんて卑下してしないで、その人なりに脳を活性する生き方を選択することで、イキイキと生活できるようになるでしょう。あらゆる人が、この世に生まれてきたことをもっと肯定できるぞ、と思ったのです。

そうそう自分を肯定できるんです。自分は飽きっぽくって一つのことが長続きしないから然したる能力を持ってないし、何が好きなのかもよくわからない…とか卑下することはないんです。飽きっぽいのは自分のせいじゃなく脳の性質なんです。だからそれを逆手にとってどんどん興味の赴くままに新しい刺激を求めればいいんです。

自分はまだまだ「脳を使い切る」ことができる!と認識して、何か普段と違ったことがしたくなる不思議な力を持った本です!

池谷さんの他脳本↓
のうだま―やる気の秘密のうだま―やる気の秘密
(2008/12)
上大岡 トメ池谷 裕二

商品詳細を見る


ゆらぐ脳ゆらぐ脳
(2008/08/07)
池谷 裕二木村 俊介

商品詳細を見る


脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!?脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!?
(2006/09)
池谷 裕二

商品詳細を見る
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。