You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『コンサルタントの「質問力」‐「できる人」の隠れたマインド&スキル』野口吉昭

『コンサルタントの「質問力」‐「できる人」の隠れたマインド&スキル』野口吉昭を読みました。
コンサルタントの「質問力」 (PHPビジネス新書 52)コンサルタントの「質問力」 (PHPビジネス新書 52)
(2008/03/19)
野口 吉昭

商品詳細を見る


なんだか書店のPOPや、新聞の広告なんかを見ていると売上が20万部を超えたそうで。。「コミュニケーション能力」が注目される昨今、さらに「質問」にクローズアップして解説したこちらの本。一応転職のサポートとはいえコンサルタントの名のつく職業に就いている以上、読まなければ!ということで買ってみました。

【アマゾンの内容紹介】

聞きたいことがなかなか聞けずに話が終わってしまったり、的外れな質問をしてその場をしらけさせてしまったりしたことが、誰にでもあるのではないだろうか? 優れた「質問」の能力は、多くのビジネスパーソンに求められているもの。
その「質問力」をもっとも必要とされる職業の一つがコンサルタントだ。
コンサルタントは優れた質問により、短時間でクライアントの信頼を得て、彼らの抱える問題の本質を探り出さなくてはならないからだ。
本書はこの「質問力」をテーマに、優れたコンサルタントが人と話をする際の、思考の流れと質問のテクニックを説くものである。
短時間で相手の気づきを生み出す「仮説力」、問題の真因を引き出すための「本質力」、そしてゴールに向かって質問を進めるための「シナリオ力」の3つの視点で、プロの質問力とはどういったものかを解き明かしていく。



【目次】

第1章 その道のプロは、「質問力」が命(今、なぜ質問力なのか/質問力がある人(1)聞く態度を身につけている ほか)/
第2章 「仮説力」がなければ話は始まらない(質問は事前リサーチによる仮説構築から始まる/「質問ツリー」を立てる ほか)/
第3章 「本質力」こそ、こだわりの質問を生むエッセンス(コンサルタントとは産婆である/相手の話を引き出す「うなずき」と「まとめる力」 ほか)/
第4章 「シナリオ力」で、質問の目的を達成する(フレームワークで質問のシナリオを作る/シナリオに沿って質問を進めるコツ ほか)



【気になった部分】
■質問力を磨くということは、整理し、体系化し、本質を探究し、解をみつけることを意味する。
→コンサルタントにとって最も大切なスキルであると共に、他のビジネスパーソンにとっても欠かせない能力である。

■「質問力」とは「仮説力」「本質力」「シナリオ力」の3つから成り立っている。

■仮説は過去の情報やデータを分析して、仮説をたてる。いわば過去や歴史から学びとる「過去~現在軸の仮説」、現在から未来を展望する「未来軸の仮説の2種類がある。

■更に書籍や新聞記事、雑誌記事、学術論文、統計資料、ウェブサイトの各種情報など、一般に公開されている情報である「セカンダリーデータ」と、調査者がある課題を解決するために、自分で調査をおこない収集した情報である「プライマリーデータ」がある。事前リサーチの際はこのうち「セカンダリーデータ」を中心に情報収集を行う

■コンサルタントの仕事とはボトムアップ型のロジックツリーを用いばらばらだった課題を一つにまとめ目標を明確にすることと、ブレイクダウン型のロジックツリーを用いて基本コンセプトや基本戦略を考えアクションプランに落とし込んでいくことである

■本質力とは事象の「見える化」を通して、わかりやすく「論理的に組み立て」、重要なことに「絞り込む能力である→「見える化」「論理的」「絞り込む」ことを通し、語感力によって磨きあげられ最終的にはこの文脈を凝縮する力に帰結する「ワンメッセージ化」の力である

■「なぜ」を5回繰り返して本質に迫る(トヨタ)

■「えー」「あー」などの言葉のひげがたくさんあるのは論理を構成できていないからである。これをなくすように意識すると構成もしっかりし、言葉の長さも短縮できる

■フレームワークは質問するときの地図である

■「ストーリーテリング」とは経営者などのトップマネジメントの立場にある人が会社の歴史や、理念などをこころを込めて事態券を交えながらいきいきとした言葉で語ること。このストーリーテリングの基本思想を質問のシナリオの中に取り入れていく必要がある

■インタビューでは相手の思いを引き出し、耳を傾け、共感する。そしてコンサルタント自身も質問を通して、お題目の理念ではなく、生きて血の出るストーリーとして理念をつかみ取る。

■仮説力・本質力をシナリオ力で組み立てるのが「質問力」

【感想】
よく今の仕事の中で、企業の方とのヒアリングの際に、今日は相手のこと深く理解できたし相手もとても満足そうだった!って時もあれば、相手の言ってること正直全然入ってこなかったし、相手もあまり満足そうじゃなかったなー、なんてことがよくあります。今までそれは相手とウマが合う合わないで片づけてたけれど、そうじゃなくて自分の質問の組み立て方に問題があったのだなーということを実感しました…。

事前の入念な下調べと、それによって得た仮説をぶつけていき、そこから得られたものの本質を見極め、クローズアップし、その本質に対して行動を起こしていく・起こさせる、のがコンサルタントの役目だと考えていましたが、最終的に一番重要な「行動を起こさせる」に至るには「シナリオ」が重要だったのですね。つまり人間は理屈で動くのではなく感情で動くので、相手のことを深く理解していることを示しつつも相手の本音が飛び出すような答えを引き出せる「質問」に昇華させるという一連の流れを通じてこそ、本当の深いコミュニケーションができたといえるし、相手もそれによって動くのだと実感しました。

自分は自分の頭の中にある思考を言語化するのが苦手で、ここまでの流れをビジュアルで見えるものがない状態でそこまで創り上げていくのは至難の業かなと思ったりもしましたが、そのヒントとなるものは「フレームワーク」でした。将棋の棋士は1つの局面につき80通りぐらいの指しての中から、状況に応じて最良の一手を判断するそうだが、その際の頭の中には当然将棋盤を思い浮かべているのです。ビジネスマンに置き換えると、ビジネスマンにとっての将棋盤、頭の中の地図に当たるものが「フレームワーク」です。

代表的な3C、4P、SWOT分析以外にもさまざまなものがあり、これらの理論的な思考能力が土台に無いとこの本に書いてあることは実践できないと感じました。今後の自分の課題の一つです。


ただ内容としては「質問力」を構成する3つの力を全体的に包括して説明した内容になっているため、具体的な事例もあるにはあるものの、ひとつひとつ具体的なイメージを喚起するまでには至らず、どちらかというと入門編というか、この本で自分の課題を見つけて、そこに対して掘り下げていくという使い方がいいのかなという印象です。まぁ新書ですし筆者の狙いもそこにあるような気がしますが…。


同じ筆者で、こちらの本もあります。
コンサルタントの「現場力」 どんな仕事にも役立つ! プロのマインド&スキル (PHPビジネス新書)コンサルタントの「現場力」 どんな仕事にも役立つ! プロのマインド&スキル (PHPビジネス新書)
(2006/08/19)
野口 吉昭

商品詳細を見る


スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)

頭の中でアイデアがグチャグチャになっていませんか?そんな悩みを解決する方法があります!それは脳のメカニズムに最も適した「マインドマップ発想法」です。あなたの仕事、そして人生を変えるマインドマップソフトMindManager(マインドマネージャー)を紹介します。マ

時給百円未満 | 2008.08.09
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。