You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティーブジョブス≒Appleの怖さと、柳井社長÷UNIQLOの考え方。

images.jpg

スティーブジョブスがヤバいらしい…。そしてそれを受けてappleの株も急落…。

アップルの株価、CEOのS・ジョブズ氏の療養休暇報道を受けて急落

Appleの最高経営責任者(CEO)であるSteve Jobs氏が6月まで療養休暇を取るという報道を受け、同社の株価は米国時間1月14日の時間外取引で10.8%も下落した。

ジョブス≒appleだったから、体調不良の影響もまた非常に大きいものがあるようです。カリスマ経営者が大きく会社を成長させた時、そのカリスマ経営者の後継者の育成の難しさということはいつも言われる問題ですが、ジョブスとappleほどこれがもろに当てはまるケースもそうはないですもんね。

別にappleに優秀な人がいないわけじゃなくて、普通の会社に比べたらゴロゴロいるんでしょうけど、ジョブスの光が強烈過ぎて、影がめちゃくちゃ黒くなってて他が全く見えません…という状態なんですね…。ジョブスが戻ってこれるかどうかも分からないappleが今後どうなるのか注目して観ていないといけませんね。

で、このニュースを聴いて思い出したのが、ユニクロのこの記事↓。
“ユニクロ大学”設立へ 幹部養成 : ニュース : 教育 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

日本では年功序列のもとで管理職の経験を積みながら幹部に昇格するのが一般的だが、FRは企業大学を通じて集中的に幹部社員を増やし、柳井社長の後継者を含めた有能な人材確保を目指す。


柳井社長は以前一度社長のポジションを譲って会長に退いたことがあるんですけど、その時のユニクロの業績が思わしくなく、再び社長の座に就いたんですね。その時の失敗を反省してか、最近出ていた「カンブリア宮殿」でも65歳で引退するために、「後継者を育成する」ということを言っていました。

で、そのための施策として上の記事のようなことをやっているわけです。カリスマ経営者といえどもいつ何があるかなんてわからない。そうなった時に安心して任せられる後継者の育成、つまり後に残すこと、これってすごく重要だし、そのために大々的に育成機関を運営してしまって、なおかつ事業にしようとするユニクロはなかなか目の付けどころが他とは違うな~と。

で、自分も1つの仕事だけに集中し過ぎて、それがこけた時、何も残らない状況になってしまわないように、何事にもうまく分散する、ということを常に考えねばいけん、と思うわけです。

スティーブジョブスの回復を祈ります…。
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。