You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きなものが苦痛になる倒錯した状況に追い詰める、体罰。

最近のニュースから体罰についてちょっと考えてたら、色々ぶわ~っと想起してくるものがあってね。それでルサンチマン成分濃いめの、めんどくさい感じのツィートを連続してTwitter上に流したんだけど、これ、結構自分にとってトラウマ級にデカいトピックスだぞ…と思い始めたのと、まだ言い足りんってことがあるな~と思えてきたので、改めてブログにも書いてみることにした。

高校生の頃は、それこそ全国に出るか出ないかぐらいの高校のバスケ部だったんだけど、もう笑っちゃうぐらいにバンバン殴られたんだよなぁ。
「いついつの試合で殴られたときに舞った汗しぶきに虹が見えてめっちゃキレイだった!」
とか今でも自虐ネタで話題にするぐらいにw

ミスすると体罰が待ってる環境だとさ、萎縮しちゃって本来その人が持ってる力が出せなくなっちゃうんだよね。だって誰だって殴られたかないから集中できなくなっちゃうじゃんそんなもん。フロー状態に持ってくには専念と集中が必要なんだから。

それで、萎縮して思い切ったプレーができずにミスする→殴られる→萎縮する…っていう負のループに陥ることになる。もうこうなっちゃうとプレーしてて楽しいもクソもないよね。

考えてもみてよ。本来バスケが好きで好きで仕方なくてやってたのに、そのバスケが段々好きなのかどうかわからなくなり、そのうち苦痛になっていく。本来バスケを通じて自分を解放したい、もっと自分を高めたいと思っていたのに、そのうちそんな純粋な想いによってむしろ無力感と絶望感で追い詰められていく。こういう倒錯した状況に貶められるんだよ。何これ?理不尽そのものじゃん。

自分はたまたま、殴られるという状況そのものをユーモアに転嫁してくれる仲間がいたり、ハイスタちゃんの『ANGRY FIST』をひたすら聴きながら、顧問に怒りの鉄拳喰らわす妄想して鬱憤を発散するようなボンクラな性格が幸いして、ほんとにたまたま、自分自身を見失わずに暗黒サイドに落ちずに済んだんだけど…。

一度、都を4つに分けた地区の選抜に選ばれたことがあって、普段の部活の練習とは別に選抜の練習や試合に行ったりするんだけど、それがもうむちゃくちゃ楽しかった。それこそ小学生の頃にバスケを初めてプレーした時のような根源的な楽しさなのね。監督は別の高校の先生だから体罰なんてないし、認められてるという実感があったからかなぁ。 高校の部活を思い返すとき、最も楽しかったのはコレですわいw

もちろん高校生なんてほっときゃすぐ弛緩しまくるからさ、厳しさは絶対必要なのよ。でもそれは楽しく自分らしいプレーがのびのびできる環境の中で、はじめて素直に真摯に受け止められるものなんだよね。

なのでスポーツ活動を通じて人間性を高めるのが運動系の部活動の意義だとするなら、自律的な成長をスポイルする理不尽な体罰の常態化なんて、ナンセンスじゃい、と、愛のムチという名のありがた~い指導を受けた側としては、実感せざるを得ないわけね。

サッカーのEURO2000でフランス代表が優勝した時の監督ロジェ・ルメールが言ってた
「学ぶことをやめたら、教えることをやめなければならない」
ってことばがあるのね。シンプルでいて真理を突いてるでしょ。

自律的な成長って環境との相互作用によって促進されて行くものだから、とりわけ生徒が置かれる環境に大きな影響力を持つ指導者には工夫がいるわけ。しかも生徒一人ひとりに対して決まったやり方なんてないから、それこそ指導者側が常に学ばなきゃいけないし忍耐もいる。その観点からいえば体罰って最も安易な手段で、工夫なんて何もない。何も考えずに手だけ出してればいいんだから。そこには成長や発展や学びはない。

こうして、体罰とかパワハラとかの安易な手段を使わずにいかに自律的な向上心や好奇心を引き出すか?ってのが、高校時代の部活での暗澹たる体験から引き出した、子どもや仕事で人に関わるときの持論になった(こうして書くと別に大した持論でも何でもねぇけどw)。

でも百歩…いや千歩譲って、もしそれでも体罰するなら、プロレス技で、ってのならまだ許せる気がする。テキトーぶっこきやがったらコブラツイスト!またはスモールパッケージホールド!はたまたナガタロック(白目付き)!とかね。これなら怒ってんのにどこか滑稽になって良いバランスになるんじゃないの!?

そうやって考えていくと、プロレスってやっぱり愛があるんだよなぁ(という意味不明な着地)。

体罰は、いくら殴る側が愛だよと言ったところで、そうじゃないことは殴られてる側が一番よくわかる。少なくとも自分は愛と虚栄心をすり替えて思考停止なんて絶対にしたくはないぞぉぉぉぉぉ。
スポンサーサイト
スポンサーサイト
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。