You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安くておいしいお餅の食べ方

先ほど適当にTVのチャンネル回していたら「安くておいしいお餅の食べ方」という特集をやっていまして、それ見てたら、あ~餅喰いて~!となりまして、どうしたもんかと思いつつ、とりあえず忘れないようにこのエントリー。

ちなみに最初は餅の美味しい食べ方のレパートリーと作り方を紹介してくれるのかと思ってみてたんですけど、最後のほうは自分で作るというより、お店などで食うならやっぱりこれ!みたいな感じになっていったんで、参考にならないのもいくつか交じっているんですが、個人的には、めんたいこ餅、チーズ餅(応用レパートリー)、バター醤油餅、みそ餅あたりは新しい発見だったんで是非ともやってみたいです!とりあえず、餅はこんにゃくゼリーよりも確実にのどに詰まらせる確率高いんで、細心の注意を払いつつお楽しみ頂ければと思います!

■20位 めんたいこ餅
焼いた餅を軽くのばして、めんたいこを塗り、たたんで挟み込むようにして食べるとイイらしい。これ絶対ウマいと思います!

■19位 チーズ餅(ピザ風、チヂミ風、磯辺風、グラタン風、ロールキャベツ風など)
シンプルにチーズだけでも十分うまかろうに、そこから発展させたレパートリーを7変化と題して紹介していたうちの5つがカッコ内。あと2つがどうしても思い出せないのですが、ここは自分の発想と工夫次第で新たな味を作り出せそうな領域ですね。磯辺風はチーズ餅に海苔を巻くだけという手軽さなので早速試してみようと思います。

■18位 バター醤油餅
醤油のみや、砂糖醤油というのは定番といえますが、バター醤油というのは意外な盲点でした!

■17位 みたらし餅

■16位 納豆餅
定番ですが、これも最高に美味いです!TVに出ていたおっさん曰く「納豆を箸でつまんだら、あーだこーだ喋ってないで、とりあえず食え!」だそうです。。。

■15位 ずんだ餅
東北の人にはお馴染みの、枝豆をすりつぶして、砂糖や白あんなどと混ぜた、甘くもさっぱりとしたおいしさが魅力の「ずんだ」。これを餅と合わせた一品はなかなかの癖になる味わいです。自宅で作るには少々めんどくさいですが、仙台などに行かれた際には必ずお土産屋さんには売っているのでお試し頂くといいでしょう。

■14位 餅巾着
作るのは手間ですが、セブンイレブンのおでんの餅巾着はよく食います!油揚げからジューっとダシがにじみ出てくるのがなんともいえない小さな幸せです。

■13位 揚げ餅(砕いて揚げればおかき)
これも手間ですが、大根おろしにめんつゆなどをといた、揚げ出し風で食べたらこれまた相当に美味いと思われます!

■12位 醤油餅 
ド定番です!焼いたお餅を少し潰してつけるのがコツだそうです。

■11位 くるみダレ餅(潰して砂糖醤油を加える)
これも作ろうとすると手間っちゃ手間ですが、ぜひ一度は食べてみたいバージョンですね。くるみをすりばちで潰して粉状にしてから砂糖と醤油を加えたものを、餅に乗っけて食べるようです。

■10位 砂糖醤油餅 (併せてから沸騰させることによりうまみと甘みが増す)
こちらもド定番。ただ砂糖と醤油は合わせてから一度沸騰させることをかなり強調していました!そうすることでよりうまみと甘みがますとのこと。まぁ確かに常温で合わせただけじゃ砂糖が溶けないですからね。。。

■9位 あんこ餅

■8位 みそ餅(みそとみりん)
みそだけでなく、そこにみりんを合わせるとうまみが増すとのことです。ちなみに甘みが欲しければ砂糖を入れればよいでしょう。

■7位 おしるこ

■6位 ゴマ餅
煎った黒ごまをすりつぶして作るようです。ごまの香ばしさをふんだんに感じながら食べる

■5位 磯辺焼き(醤油とのり)
こちらもド定番ですね。

■4位 きなこ餅
コツは焼いてから、いったん沸騰したお湯にくぐらすこと。これで餅に柔らかさが出つつ、きなこが付きやすくなり、よりおいしくムラなくおいしく食べられます。

■3位 草餅(よもぎ)
これは餅つきの段階からヨモギを入れてないといけないんで、一般の人では無理です。買って食べてください。

■2位 からみ餅(大根おろし)
なんだかんだいってこれが最強ではないかと思われるからみ餅。ともすれば甘くなりがちな餅のレパートリーにおいてみずみずしくも清々しいほどの清涼感を与えてくれるからみ餅は個人的にもかなり好きです。番組では普通に大根おろしに醤油を合わせることを前提としていましたが、個人的にはゆずぽんを合わせるとより一層美味さが増します。もっといえばキッコーマンのゆずかを合わせたなら、これもはや餅界に並ぶものなしです!

■1位 雑煮
まぁそりゃそうだろ、という結果でしたが地域ごとにいろいろ違う雑煮をパッパッパといくつか写して終了。ここで何か新しい雑煮のレパートリーや作り方を期待していたので少し残念でした。

ちなみに予算的にはそんなに安くないのでランク外とされていたのがこちらの一品↓
■ランク外 餅雑炊
だし汁でほうれん草を煮込みご飯と餅を投入して、雑炊風にして食べるとのこと。

まぁそれはいいとして、このランキングで一つ一つはじき出していた餅の予算をどう計算しているのかがいまいちよくわかりませんでしたね…。別にどうでもいいですけど…。

■ちなみに合間合間で取り上げられていた豆知識
※お餅を保存するならわさびと一緒に保存しておくとカビが生えない
※おしることぜんざいの違いは汁けの違い おしるこ⇒汁けが多い ぜんざい⇒汁けが少ない
※おいしい餅の焼き方(オーブントースターの場合) 2個ぐらいを真ん中よりも少し奥に置く(トースターにもよるけど)⇒1000Wで3分焼く⇒焼きあがってもすぐにとりだしてはいけない⇒蓋を開けずに2分蒸らすと外はさくっと中はもっちり仕上がる

というわけでこの正月は餅研究なんてものに精を出してみてはいかがでしょうか。 


スポンサーサイト
スポンサーサイト
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。