You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAGIC SPICEのスープカレーで未知なる辛世界へトリップのすゝめ

自分の固定観念がブッ壊されて病み付きに、というかもはや中毒になっている最近一押しグルメのご紹介です。それはコイツです。



札幌発祥のスープカレーのお店・MAGIC SPICEのスープカレーです。東京は下北に店舗があります。MAGIC SPICEはよくTV番組などで札幌の食文化の代表として紹介されることも多くて、この間は大泉洋が麻生久美子なんかと一緒に紹介してるのをみかけました。まぁ有名店なんで今さらおれごときがプッシュする必要はこれっぽちもないんですけどね。

以前何度かここのレトルトを買って、自宅で作って食べたことはあったんですが、1か月ほど前に初めて店舗に行ってみました。
マジックスパイス スープカレーの素マジックスパイス スープカレーの素
()
明治

商品詳細を見る


ここの大きな特徴はスープカレーの辛さを選べるシステムにあります。といってもただ単に辛さを(たとえば「ノーマル・中辛・激辛」とか「ノーマル・10倍・20倍」とかのように)選ぶだけのものではありません。ここが面白いのは、単なる「味のチョイス」という狭い範囲に留まらずに、辛さを通じた「体験のチョイス」に置き換えるシステムが採用されているんです。

辛さは7段階用意されており、辛さの軽い方からそれぞれ「覚醒・瞑想・悶絶・涅槃・極楽・天空・虚空」という呼び方をされています。これらは宗教などにおける普遍的な領域へのトリップをさす言葉であり、つまりはMAGIC SPICEのスープカレーを通じて、俗世の現実から解き放たれ、苦しみを忘れる体験を味わえるということを示しているわけです。ちなみに辛さのチョイスによって入っている具の種類や量も変わってくるみたい(辛さが増すほど具も増えるらしい)。

注文してから料理が来るのを待っている間、テーブルにある辛さごとの説明書きを読むと、やれ「目くるめく『辛世界』へナチュラル虹旅行」だとか、やれ「望む望まざるに関わらずどなた様も虚空宇宙へ飛んで頂きます」だとか書いてあるw

いやむしろちょっと危険なにおいがしてくるというか、段々これって大インド帝国の目くるめく宗教的世界の一端に足を突っ込もうとしちゃってるのか?もしや脱法的なナニか?なんて気分にもなってきちゃうw

この辺の冗談か本気かよく分からない説明書きや店内の雰囲気とかに、良い感じに酔わされてしまって今か今かとスープカレーへの期待感を煽られるわけです。

ようやく運ばれてきたスープカレーを早速ほおばると、もちろんこれだけスパイシーかつ辛いよ~ってのを謳ってれば、当然スパイシーだし辛いに決まってるし、汗も毛穴から一気にブワーッと吹き出てくるわけなんだけど、これがもう不思議と心地良い。
「あぁ~!」
とか言いながら恍惚の表情を浮かべて嬉々としながら食べちゃうわけ。

でね、そのときはもうもちろん大満足なんだけど、問題はそっから。次の日のランチの時間になると、そのとき食べてる定職やら丼物やらが全っ然物足りなく感じられちゃう。。。はじめは自分でもその違和感の原因がよく認識できてないんだけど、そのうち
「そうかー、昨日のスープカレーの刺激を欲してるのかー」
と気づく。そうするとさ、段々
「あぁーもう!MAGIC SPICE食いてぇ!」
ってそれしか考えられなくなってくる。完全にMAGIC SPICEのドープなテイストに痺れちゃって、MAGIC SPICEジャンキーに豹変しちゃってる自分に気づくわけ。危ないでしょ。ヤバイでしょ。いや、この店ホント危険なのよー。

というわけで現在は、店舗でまたごっそり買ってきたレトルトを週一のペースで食ってるわけなんです。それ以上のペースで食ってると本気でこの中毒症状から抜け出れなくなりそうなのでなんとか抑制してはいるけれど、全く持って気が抜けません。もうね、いまや普段食ってるものが「MAGIC SPICEとそれ以外」という位置づけになってるもん。

でね、こんなこと書いてると、元々辛いのが好きなヤツなんだろうな~と思われるかもしれないけど、むしろ昔っから辛いのは全くダメで全然受け付けない体質だったんですよ。ほんと普通にカレーは甘口しか食べれなかったし、カレー屋で大盛り頼んだら(辛さはノーマルなのに)辛くて食べきれずに残したっていう恥ずかしい体験もしたことあります。

それが、ここ1年ぐらいで急に、
「あれ?いまおれ、めっちゃ辛いの食べたいぞ」
と思うようになってきたし、実際食べてみると、辛さの刺激がなんともたまらない。完全に体質変わっちゃってきちゃってるんですよ。

自分の中では、今に至るまでの長い時間を経て「辛いのはムリ」っていう堅牢な固定観念が築き上げられているんだけど、そういうものも時間の経過によってある日ウソみたいにボロボロと崩れ落ちて、あっという間に崩壊していってしまうことがある。その感覚、それ自体がもうなんというかすごくおもしろい。

以前木村祐一×甲本ヒロトのトークショーイベントを観にいったときに、ヒロトがこんなことを言ってたのね。

「ビールは小さい頃無理矢理飲まされて、こんな飲み物マズイ……って思ってたのに、いつのまにか甘いとか辛いとか苦いとか、そういう“味”じゃなくて、なんかだかわかんないけど“ウマイっ”と思うようになった。そういう“苦痛”がある日突然“喜び”に変わることがある。これってほかのことにもあると思う。朝起きてから夜寝るまで、このビールの話しのようにほかのことが楽しくなったらいいなと思って日々生きている」

自分はビールは相変わらずダメなまんまなんなけど、辛いのでキタかーーー!と。こういうことがあるから年を重ねるのって最高なんだよね~。

というわけで、むしろ「辛いのは絶対ムリ!」っていう人にこそぜひともMAGIC SPICEを味わってもらいたいんだよねぇ。まぁだまされたと思って食べてみたら、むしろジャンキー化してズルズル依存する羽目になった…なんてことになっても責任は一切取れませんが…。

固定観念、既成概念など古いモノサシを捨て、未知なる辛世界へ飛行いただければ幸いです。
―MAGIC SPICE HPより

スポンサーサイト
スポンサーサイト

安くておいしいお餅の食べ方

先ほど適当にTVのチャンネル回していたら「安くておいしいお餅の食べ方」という特集をやっていまして、それ見てたら、あ~餅喰いて~!となりまして、どうしたもんかと思いつつ、とりあえず忘れないようにこのエントリー。

ちなみに最初は餅の美味しい食べ方のレパートリーと作り方を紹介してくれるのかと思ってみてたんですけど、最後のほうは自分で作るというより、お店などで食うならやっぱりこれ!みたいな感じになっていったんで、参考にならないのもいくつか交じっているんですが、個人的には、めんたいこ餅、チーズ餅(応用レパートリー)、バター醤油餅、みそ餅あたりは新しい発見だったんで是非ともやってみたいです!とりあえず、餅はこんにゃくゼリーよりも確実にのどに詰まらせる確率高いんで、細心の注意を払いつつお楽しみ頂ければと思います!

■20位 めんたいこ餅
焼いた餅を軽くのばして、めんたいこを塗り、たたんで挟み込むようにして食べるとイイらしい。これ絶対ウマいと思います!

■19位 チーズ餅(ピザ風、チヂミ風、磯辺風、グラタン風、ロールキャベツ風など)
シンプルにチーズだけでも十分うまかろうに、そこから発展させたレパートリーを7変化と題して紹介していたうちの5つがカッコ内。あと2つがどうしても思い出せないのですが、ここは自分の発想と工夫次第で新たな味を作り出せそうな領域ですね。磯辺風はチーズ餅に海苔を巻くだけという手軽さなので早速試してみようと思います。

■18位 バター醤油餅
醤油のみや、砂糖醤油というのは定番といえますが、バター醤油というのは意外な盲点でした!

■17位 みたらし餅

■16位 納豆餅
定番ですが、これも最高に美味いです!TVに出ていたおっさん曰く「納豆を箸でつまんだら、あーだこーだ喋ってないで、とりあえず食え!」だそうです。。。

■15位 ずんだ餅
東北の人にはお馴染みの、枝豆をすりつぶして、砂糖や白あんなどと混ぜた、甘くもさっぱりとしたおいしさが魅力の「ずんだ」。これを餅と合わせた一品はなかなかの癖になる味わいです。自宅で作るには少々めんどくさいですが、仙台などに行かれた際には必ずお土産屋さんには売っているのでお試し頂くといいでしょう。

■14位 餅巾着
作るのは手間ですが、セブンイレブンのおでんの餅巾着はよく食います!油揚げからジューっとダシがにじみ出てくるのがなんともいえない小さな幸せです。

■13位 揚げ餅(砕いて揚げればおかき)
これも手間ですが、大根おろしにめんつゆなどをといた、揚げ出し風で食べたらこれまた相当に美味いと思われます!

■12位 醤油餅 
ド定番です!焼いたお餅を少し潰してつけるのがコツだそうです。

■11位 くるみダレ餅(潰して砂糖醤油を加える)
これも作ろうとすると手間っちゃ手間ですが、ぜひ一度は食べてみたいバージョンですね。くるみをすりばちで潰して粉状にしてから砂糖と醤油を加えたものを、餅に乗っけて食べるようです。

■10位 砂糖醤油餅 (併せてから沸騰させることによりうまみと甘みが増す)
こちらもド定番。ただ砂糖と醤油は合わせてから一度沸騰させることをかなり強調していました!そうすることでよりうまみと甘みがますとのこと。まぁ確かに常温で合わせただけじゃ砂糖が溶けないですからね。。。

■9位 あんこ餅

■8位 みそ餅(みそとみりん)
みそだけでなく、そこにみりんを合わせるとうまみが増すとのことです。ちなみに甘みが欲しければ砂糖を入れればよいでしょう。

■7位 おしるこ

■6位 ゴマ餅
煎った黒ごまをすりつぶして作るようです。ごまの香ばしさをふんだんに感じながら食べる

■5位 磯辺焼き(醤油とのり)
こちらもド定番ですね。

■4位 きなこ餅
コツは焼いてから、いったん沸騰したお湯にくぐらすこと。これで餅に柔らかさが出つつ、きなこが付きやすくなり、よりおいしくムラなくおいしく食べられます。

■3位 草餅(よもぎ)
これは餅つきの段階からヨモギを入れてないといけないんで、一般の人では無理です。買って食べてください。

■2位 からみ餅(大根おろし)
なんだかんだいってこれが最強ではないかと思われるからみ餅。ともすれば甘くなりがちな餅のレパートリーにおいてみずみずしくも清々しいほどの清涼感を与えてくれるからみ餅は個人的にもかなり好きです。番組では普通に大根おろしに醤油を合わせることを前提としていましたが、個人的にはゆずぽんを合わせるとより一層美味さが増します。もっといえばキッコーマンのゆずかを合わせたなら、これもはや餅界に並ぶものなしです!

■1位 雑煮
まぁそりゃそうだろ、という結果でしたが地域ごとにいろいろ違う雑煮をパッパッパといくつか写して終了。ここで何か新しい雑煮のレパートリーや作り方を期待していたので少し残念でした。

ちなみに予算的にはそんなに安くないのでランク外とされていたのがこちらの一品↓
■ランク外 餅雑炊
だし汁でほうれん草を煮込みご飯と餅を投入して、雑炊風にして食べるとのこと。

まぁそれはいいとして、このランキングで一つ一つはじき出していた餅の予算をどう計算しているのかがいまいちよくわかりませんでしたね…。別にどうでもいいですけど…。

■ちなみに合間合間で取り上げられていた豆知識
※お餅を保存するならわさびと一緒に保存しておくとカビが生えない
※おしることぜんざいの違いは汁けの違い おしるこ⇒汁けが多い ぜんざい⇒汁けが少ない
※おいしい餅の焼き方(オーブントースターの場合) 2個ぐらいを真ん中よりも少し奥に置く(トースターにもよるけど)⇒1000Wで3分焼く⇒焼きあがってもすぐにとりだしてはいけない⇒蓋を開けずに2分蒸らすと外はさくっと中はもっちり仕上がる

というわけでこの正月は餅研究なんてものに精を出してみてはいかがでしょうか。 


超カンタン!フライパン一つで絶品カルボナーラを作る方法!!!

突然ですが料理ど素人の私がですね、ついに超カンタンにフライパン一つで絶品のカルボナーラを作ることに成功してしまったのです!!!自分でもびっくりなぐらいにひたすら簡単で、なおかつ美味く作れてしまったので、忘れないようにレシピを書いておくことにします。

パスタって麺を茹で上げて、お湯切って、またフライパンに戻してソースと絡めて、っていう手順で作るの結構めんどくさいじゃないですか。しかも量が多いとソースがうまくからまなくて面だけ固まっちゃう…みたいなことも。

で、今回はその手間をごっそりと省いてしまって、フライパン一つで茹でから調理まで行ってしまおうという楽チンかつ時間的にも短縮されて、味も均一にできてしまう、いいことづくめのこの方法をご紹介したいと思います。

【用意するもの(二人分)】
■パスタ/200g
■ベーコン/2枚
■水/500cc
■固形コンソメ/1個
■牛乳/100cc
■バター/少々
■プロセスチーズ/お好みの量
■塩(クレイジーソルトだと尚良し)/少々
■ブラックペッパー/少々
■(お好みで)卵黄/2つ

※牛乳、バターじゃなくて生クリームを使ったほうがさらにうまいとは思いますが、そんな高価なもんを使わなくても全然美味しくできます!

【作り方】

①フライパンに水を注いで火をつけます

②沸騰したらパスタとコンソメを投入

ここでポイントは、普通にフライパンにパスタを入れようとすると、麺が長すぎて入らないと思いますので、手で半分に折って入れます。

6,7分ほどゆでると水が減ってきて、面の堅さもちょうど良くアルデンテになるはずです。

③ゆでている間にベーコンを一口大の大きさに切っておきます

④茹で上がったら、フライパンにそのままベーコンと牛乳とバターを投入

しばらく混ぜ合わせてください。この間に塩こしょうで味付けします。
※最初に固形コンソメで下味がついているのと、最後にチーズを入れると少ししょっぱくなるので、この段階ではなるべく薄味にしたほうがよいでしょう。

⑤火を止めてチーズ投入

⑥チーズが完全に溶けて混ぜ合わさったら最後に味見をして、場合によっては塩こしょうで味を調整して完成です。お好みで卵黄を乗っけてください。


これだけです!!!

これだけで、「あれ?店で出てくるでしょ、これ」というぐらいの絶品カルボナーラが完成します。

ちなみに④の段階で、例えばミートソースを投入しちゃえば、なんともおいしいボロネーゼができ上ってしまいますし、カルボナーラでなく別のクリーム系や他にも色々なものが試せるはずです。個人的にはこの作り方で最初のコンソメを麺つゆなどに変えると、多分和風パスタもいけるんじゃないかと思っているので、今後さらに研究してみたいと思います。

いや~こんなにカンタンに絶品パスタが楽しめちゃうなんて素晴らしすぎる!!!

料理が苦手な男性も、忙しい主婦の方にも、ぜひともおためし頂きたい方法です!!!


庶民の声で舌鼓!!!

昨日の晩メシ、食卓を見るとこんなものが…。

金の粒

金のつぶ® 大絶賛納豆™絶品しょうがたれ 3P


これミツカンの「金のつぶ」という納豆なんですけど、なぜか私もよく使う料理SNSサイトのCOOKPADのロゴが入っている…。


よくみてみると、「400万人以上の料理好きが集る『クックパッド』でレシピコンテストを実施して優秀作品を商品化し、クックパッドユーザーから大絶賛された納豆です。」

とのこと。

私納豆には目がありません。常に冷蔵庫には納豆を常備しておくようにお願いをしているのです。これまで黒酢だれとか梅だれとか気になるものはすべて食してきましたが、庶民が考えたコンテスト優勝作品だったらもううまくないわけないやんけ!と思いつつ食してみました!

いやー、美味いはず、と思って食べてるからか、やっぱり美味い!!!納豆1粒1粒がより濃厚というか深みのある味わいになります!

ちなみに、パッケージの側面には、「大絶賛納豆™ 絶品しょうがたれ 3P」の作者である[mimipo] さんからのおすすめポイント、いりごま・ネギを入れるとよりおいしくなります!

と書いてあるので、当然ごま、ねぎも入れてみました。納豆の相方と言えばねぎ、という感じですが、ごまを入れる発想はなかったのでこれからはごまもふんだんに食してみたいと思います!ごまを入れるとより香ばしさが出て美味いです!


今ってこうやって庶民が自分のやり方で、良い!と思ったものをネットで共有したりすると、こうやって商品化されたりもするんですよね。前はメーカーからの提案だけだったものが今や完全にユーザーからのボトムアップのほうが、良いアイデアが出てくるし、ある程度反響もわかっていて、メーカーの商品開発も大分手法が変わってきてますね。今やメーカーがmixiなどで自社商品のコミュニティを立ち上げて、そこから日々ユーザーの声を拾い上げて商品開発に反映させているとか…。



ちなみに私が最近大好きなのはこちら

ミルクシーフード

これがミルクシーフードヌードルの真実だ!

もう発売されたのは結構前なので、珍しくもなんともないんですけど、これもいわゆる庶民の声を反映して商品化された商品です。シーフードヌードルをミルクで作ると美味いらしいという「噂」をもとに開発されたそうです。これ大好きですまじで!体に悪いってわかっててもスープ全部飲み干せますから!

あとこれは最近気になっている本なんですけど…

365日たまごかけごはんの本―世界最速スローフード365日たまごかけごはんの本―世界最速スローフード
(2007/09)
T.K.G.プロジェクト高木 伸一

商品詳細を見る


「たまごかけごはん」は、どんな素材とあわせても、基本的になんでもあり。エブリシングウェルカムの驚くべきフリーダムにあふれた世界だったのです。



何故か画像がなくて残念なんですが、この前に日経新聞に載っていて気になってるんですよねー。現在8万部を売り上げているそうです。なんと自主制作本ではじめは取次に相手にしてもらえず、書店に手持ちして店長に直接交渉して置いてもらったんだとか!

いやいや、こういう身近にあるものでちょっと目線を変えたものってほんとおもしろい。こういうちょっとしたアイデアで普段の食生活をバラエティ豊かにしていきたいもんです。


そいうえばウチの弟、いっつも納豆食う時、なぜかマヨネーズをかけて食ってたけど、あれって美味いのかな?当時は何やってんだか?と思ってみてたけどなんだか俄然気になりだしてきた!!
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。